製造業で固定費を削減する方法は?固定費削減のコツや事例も紹介

企業間の競争が激しい現代では、少しでも多く利益を残すために固定費の削減が必須になっています。

とくに製造業では、設備維持や人件費などの固定費が多く発生するので、経営者の頭を悩ませてしまうでしょう。

そこで今回は、製造業の固定費を削減する方法の解説と、固定費削減のコツや事例についての紹介もしていきます。

製造業で固定費を削減する方法は?固定費削減のコツや事例も紹介
目次

製造業とコスト削減

製造業においてコスト削減は、競争力を維持しつつ利益を最大化するために不可欠な取り組みです。

まずは、コスト削減が必要な理由と、製造業の固定費と変動費について解説していきます。

コスト削減が必要な理由

製造業では、生産プロセスの効率化や原材料コストの削減など、多方面でコスト削減の取り組みが求められます。

製造業が利益を最大化するためには、コストを抑えて高品質な製品を提供する必要があるためです。

高品質な製品を作っても、ムダなコストがかかっていると利益を圧迫し、新たな設備投資や従業員への十分な還元ができない状態になってしまうでしょう。

時代に応じた設備の導入や人材の確保は、企業間競争において欠かせない費用です。

コストを削減することで利益を増やし、新製品の製造に必要な設備投資や経験を積んだ従業員の長期雇用が可能になります。

製造業の固定費と変動費

製造業のコストには、固定費と変動費があります。

固定費は人件費や水道光熱費、通信費など、生産量に関係なく毎月発生する費用です。

一方の変動費は、生産量に比例して変動する費用です。

変動費には、原材料費や消耗品費などが該当します。

固定費を効果的に管理し削減することで、コストの総量を減らし企業の収益性を高めることが可能です。

製造業で削減すべき固定費

製造業では、以下の固定費を優先して削減することで費用対効果が大きくなります。

  • 人件費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 広告宣伝費

それぞれの固定費の詳細について、詳しく解説していきます。

人件費

人件費は、製造業における主要な固定費の一つです。

大量生産が求められる製造業では、製造や加工、組み立てや検査など、多くの部署に従業員が必要になります。

固定費を削減する際は、人件費をいかに抑えて製造できるかが重要です。

必要以上に給与や賞与をカットしてしまうと、従業員のモチベーション低下や離職につながる可能性があります。

人件費を削減する際は、従業員に配慮をしながら削減できる方法を模索しましょう。

水道光熱費

水道光熱費は、製造プロセスにおいて欠かせない固定費です。

設備を動かすためには大量の電力が必要になったり、工程によっては燃料や水を使うためです。

水道光熱費を削減するためには、業務効率化や製造技術の刷新が必要になります。

水道光熱費を抑えつつ製造できるような手法と改善案を模索することが、固定費削減につながります。

通信費

デジタル化が進む現代において、通信費はとくに重要な固定費です。

製造業は大きな工場を所有することも珍しくないので、責任者や現場のリーダーには携帯電話の貸出が必須な企業も多いでしょう。

また、事務や経理ではインターネット回線が必須になっているので、通信費は年々高額になっています。

広告宣伝費

広告宣伝費は、製品の市場への露出を高めたり企業の存在をアピールしたりするために必要な固定費です。

近年ではデジタルマーケティングが主流になっているので、インターネット上に広告を出稿したりYoutubeなどで宣伝をおこなったりといった手法が求められています。

デジタルマーケティングをおこなって大きな成果を出すためには、コンサル企業への依頼が必要になるので、広告宣伝費も増加する一方です。

製造業の固定費を削減する方法

製造業では、固定費の削減が重要だと解説してきましたが、ここからは以下の固定費の削減方法を解説していきます。

  • 人件費の削減方法
  • 水道光熱費の削減方法
  • 通信費の削減方法
  • 広告宣伝費の削減方法

読者の企業でも実践可能な方法をまとめていくので、固定費削減の参考にしてみてください。

人件費の削減方法

人件費を削減するためには、以下の方法を活用します。

  • 人員配置の見直し
  • 研修と教育
  • 自動化と技術導入
  • 業務のアウトソーシング

人員配置の見直し

人件費を削減する際は、業務プロセスを可視化して、ムダな人員になっている現場を洗い出します。

必要最低限の人員を割り出すことで、人員のムダを省くことで生産性の向上につながります。

繁忙期の柔軟なフォロー体制を構築しておくことで、限られた人員を有効活用できるでしょう。

研修と教育

人員配置の見直しと同時におこないたいのが、従業員の研修と教育です。

繁忙期に複数の部署の業務をこなせるように、事前に社内研修と教育をしておくことが大切です。

従業員のスキルが伸びることで、同じ人件費でも費用対効果が大きくなるでしょう。

これまでアウトソーシングを活用していた繁忙期に、従業員の流動的な配置換えで対応できれば人件費の削減につながります。

自動化と技術導入

製造ラインにはロボットやオートメーションの設備を導入し、少ない人員で稼働できる環境を構築しましょう。

業務を半自動化することでヒューマンエラーによる不良率を抑制し、一定の品質で製造できるようにもなります。

設備投資する際は、現在の人件費と比較して、どの程度固定費の削減につながるか計算しておくことを忘れないでください。

弊社にご相談いただければ業務効率化のためのご提案も可能です。

業務のアウトソーシング

アウトソーシングできる業務があれば、優先してアウトソーシング化することも大切です。

直接雇用は簡単に雇用関係を打ち切れませんが、事前にアウトソーシングしておけば業務量の変化に応じて人件費を削減できるためです。

優先してアウトソーシングしたい業務には清掃や施設管理、一部の事務作業や軽作業が該当します。

直接雇用の従業員はよりコアな業務に集中し、それ以外をアウトソーシングすることで、時代の変化に対応しやすい環境になるでしょう。

水道光熱費の削減方法

水道光熱費の削減方法は、以下のとおりです。

  • エネルギー効率の高い設備の導入
  • 省エネルギー対策の実施
  • 熱回収システムの利用

エネルギー効率の高い設備の導入

設備を入れ替える際は、省エネルギータイプの設備を導入することで、電力消費を削減できます。

製造業の設備は長時間にわたって大きな電力を要するので、省エネルギータイプの設備への入れ替えは固定費の削減につながります。

設備を入れ替える際は、設備の価格だけでなくランニングコストも意識しましょう。設備導入の際は何年で元が取れるのかを計算することも非常に重要です

費用対効果の計算方法についてのコンサルティングも行っております。

省エネルギー対策の実施

省エネルギー対策は、設備の入れ替えだけではありません。

断熱効果のある材料を使ったりLEDの照明に交換することで、社内全体のエネルギー対策を実施できます。

LEDの照明の入れ替えによって、製造現場だけでなく間接部署の固定費削減につながります。

熱回収システムの利用

製造過程で発生した熱を再利用できるシステムを導入することで、光熱費の削減が期待できます。

再利用できるエネルギーが増えれば増えるほど、製造に必要な光熱費が抑制できるので、結果的に固定費の削減が可能です。

通信費の削減方法

通信費を削減するためには、以下の方法を活用します。

  • 通信契約の見直し
  • クラウドサービスの活用
  • VoIPの導入

通信契約の見直し

通信費を削減する際は、最初に通信契約の見直しからはじめます。

電話とインターネット、両方のプランを他社と比較して、より安いサービスがあれば契約変更を検討しましょう。

通信契約は頻繁に更新するものではありません。

だからこそ、より安い契約に変えることで長期的に固定費を削減できます。

クラウドサービスの活用

現在オンプレミス版のサーバーやサービスを契約している企業は、クラウド型のサービスを活用しましょう。

クラウド型のサービスは、オンプレミス版と比較して価格が安く設定されているためです。

クラウド型のサービスを活用することで、保守にかかっていた費用も削減できるでしょう。

VoIPの導入

VolP(Voice over Internet Protocol)とは、インターネットなどのネットワークを利用して通話するサービスです。

SkypeやLINEも、このVolPの一種です。

VolPを導入することで、これまでかかっていた電話代を削減できます。

固定回線を全て解約するのは非現実的ですが、社内の通話をVolPに入れ替えるだけでも通信費の削減になるでしょう。

広告宣伝費の削減方法

広告宣伝費は、以下の方法で削減可能です。

  • SNSの活用
  • 成果報酬型広告の採用
  • ターゲットマーケティングの内製化

SNSの活用

これまでは、インターネット上に広告を出稿して宣伝するのが一般的でした。

しかし、現代では、SNSを活用した無料のマーケティング戦略ができます。

企業アカウントを作成し、業界の豆知識や有益な情報を発信することで、地域を問わずに多くの人に自社や自社の製品を認知してもらえるようになります。

成果報酬型広告の採用

SNSと併せて、成果報酬型の広告を活用しましょう。

成果報酬型の広告は、ユーザーが任意の行動を取らない限り費用が発生しません。

しかし、従来の広告と同様、ユーザーが閲覧している検索エンジンやSNSに広告を出稿できます。

成果報酬型広告を採用することで、少ない費用を最大限に活かすことができるでしょう。

ターゲットマーケティングの内製化

ターゲットマーケティングは、ターゲットとなる顧客を絞り込み、効率的に広告戦略をおこなう手法です。

ターゲットマーケティングを取り入れることで、より自社の顧客に適した広告のみを出稿できるので、広告費の削減につながります。

ターゲットマーケティングを内製化することで、費用をかけずに効率よく広告展開が実現できるでしょう。

製造業で固定費を削減するコツ

製造業では、たんに特定の固定費を減らすだけではなく、経営全体の業務効率化と持続可能性のある削減方法を両立しなくてはいけません。

製造業で固定費を削減するために、具体的なコツを解説します。

毎月の固定費の把握

製造業での固定費を削減する前に、毎月の固定費を把握することが重要です。

全ての固定費項目を詳細に記録し、定期的にその固定費を分析します。

この分析を通じて、どの固定費がもっとも高いか、また時間の経過とともにどのように変化しているかを理解できるでしょう。

毎月の固定費の把握は、予算の見直しの際にも役立ちます。

定期的に固定費を見直してムダがないか把握することで、より効率的な費用配分が実現します。

固定費削減の目標を設定

次に、固定費削減の目標を設定しましょう。

固定費削減の目標設定は、企業の財務状況や市場の状況にもとづいて設定します。

目標は現実的で達成可能なものでなければ効果がありません。

目標を設定したら、その目標達成に向けた具体的な戦略を計画し、実行に移すことが求められます。

固定費削減の意識を共有

最後に、固定費削減の意識を企業全体で共有することが大切です。

従業員一人ひとりが固定費削減の重要性を理解し、日々の業務において節約意識を持って行動するようにするためです。

固定費削減に関する定期的なミーティングや研修を実施し、従業員全員が同じ目標に向かって努力できるような環境を作りましょう。

上記のような取り組みによって、経営の効率化につながる固定費削減が実現できます。

製造業の固定費削減の事例

製造業における固定費削減は多くの企業で実施されており、固定費削減に成功した事例が複数あります。

今回は、データの一元管理と損害保険料の見直しで成果を上げた事例を紹介します。

データの一元管理

データの一元管理は、データを一か所で管理するだけでなく、管理システムも統一します。

製造業でデータの一元管理を採用すると、情報のアクセス性と透明性が向上するだけでなく、経営効率化に大きく貢献します。

たとえば、生産データや在庫データ、販売データなどを統合することによって、データ処理の効率が向上するでしょう。

それにともない、複数人で管理していた上記のデータを、担当者が1人で管理できるようになります。

また、データの正確性が向上することで、過剰在庫の抑制や非効率な生産計画を防止できます。

その結果、在庫保持に関わる費用や過剰生産によるムダな人件費を削減することが可能です。

損害保険料の見直し

損害保険料の見直しも、製造業における重要な固定費削減の手段です。

多くの製造業者は、以下のような様々なリスクに対する保険を保有しています。

  • 工場火災
  • 機械の故障
  • 製品の欠陥

保険料を見直すことで、これらの保険のカバレッジを現状に合わせて調整可能です。

たとえば、リスク管理の改善により必要な保険の範囲を縮小したり、より費用対効果の優れた保険プランに変更したりすることが考えられます。

また、複数の保険を一つの保険会社にまとめることで、保険料の全体的な削減を実現することも可能です。

このように、損害保険料の適切な見直しは、長期的な固定費の削減につながります。

製造業の固定費を削減する際の注意点

製造業の固定費を削減する際は、以下のような注意点があります。

  • 従業員に配慮する
  • 業務効率化を忘れない
  • 長期的な固定費削減を意識する

固定費削減によってトラブルに発展しないように、詳しく解説していきます。

従業員に配慮する

固定費削減の際には、従業員への配慮が必要です。

固定費削減のために労働条件を過度に悪化させてしまうと、従業員のモチベーション低下や離職率の増加を招きかねません。

また、安全や健康に関わる固定費を削減することは、長期的に見て企業の信頼性や生産性に悪影響を与える可能性もあります。

従業員の満足度や福祉を維持しながら、効率的な人件費管理をおこなうことが重要です。

業務効率化を忘れない

固定費削減を実施する際は、ただ費用を削減するだけでなく、業務の効率化にも注目する必要があります。

たとえば、プロセスの自動化や最新技術の導入により、作業の効率化を進めることが可能です。

効率化によって生産性が向上すれば、長期的に固定費を含む総コストを削減できるでしょう。

業務効率化は、固定費削減以上の価値をもたらすため、重要な焦点となります。

長期的な固定費削減を意識する

固定費削減をおこなう際には、短期的な利益だけでなく、長期的な視点を持つことが重要です。

短期的な固定費削減が将来的に大きな損失をもたらす可能性があるため、削減の影響を慎重に評価する必要があります。

たとえば、研究開発や従業員教育への投資を減らすことは、短期的には固定費削減につながるかもしれません。

しかし、長期的には企業の競争力を低下させて売上を悪化させてしまう恐れがあります。

固定費削減をおこなう際には、その手法が将来的に企業にどのような影響を与えるかを考慮することが重要です。

製造業の固定費削減方法を見直してみましょう

製造業の固定費削減は、企業の利益増加に欠かせないアプローチです。

固定費を削減することで利益が増え、新たな設備投資や新製品の開発ができるでしょう。

固定費を削減するためには、人件費や水道光熱費、通信費の見直しが重要です。

通信費は、電話やインターネットの契約を見直し、より安いプランがあれば変更手続きをすることで長期的な固定費削減が実現します。

人件費は、給与や賞与をカットするのではなく、人員配置を見直したりアウトソーシングを活用したりして削減してみてください。

従業員の満足度を維持しつつ固定費を削減するのが、一番理想の固定費削減方法です。

従業員の意見も踏まえつつ社内全体で固定費削減を実現できる環境を構築しましょう。

コストダウンに関するご相談はこちらまで
コストダウンしたいが何から始めていいかわからない・現状コストダウンは難しいと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次