製造業における生産効率向上の重要性と実践すべき4つの方法

生産効率の向上は製造業にいて、非常に重要です。

ものづくりの現場では、作業時間やコストをできるだけ削減し、より多くの製品を生み出す仕組みが求められています。

生産効率が向上すれば、当然生産性も向上し企業にさまざまなメリットをもたらします

今回は、製造業における生産効率向上の重要性を解説しました。

また、生産効率向上に成功した事例を3つ紹介しています。

製造業経営者の方は、生産効率向上の参考にしていただければ幸いです。

製造業における生産効率向上の重要性と実践すべき4つの方法
目次

生産効率向上の必要性とその理由

生産効率向上は、製造業において重要な要素です。

なぜ生産効率を向上させる必要があるのか、3つの観点から解説します。

企業経営における生産効率の重要性

企業経営における生産効率の重要性は多岐にわたります。

経営陣は生産効率を向上して、コスト削減、生産力の向上を目指さなければなりません。

なかでも重要な要素が、品質向上です。

生産プロセスの効率化は品質管理にも影響を与えます。

一貫性を確保し、不良品や欠陥の発生を減少させれば、結果として製品やサービスの品質向上が実現できます。

品質向上は、何より起用の信頼性向上に寄与します。

生産効率の向上は企業経営において最も優先すべき要素です。

生産効率向上は経済的な安定性の確保など多くの面でプラスの影響をもたらします。

競争力を強化するための生産効率改善

製造業における生産効率の改善は、競争力強化の手段の一つです。

生産効率が向上すれば、製造コスト削減が可能になります。

つまり生産効率改善とは、原材料の効率的な利用、作業効率の改善、無駄の削減に取り組んで実現できるものです。

コスト削減は製品価格の競争力を高め、市場で他社と競合する上で優位性を生み出します。

生産効率向上は、持続可能な競争力を築くための基盤と言えるでしょう。

労働力不足問題への対応策としての効率化

業務効率は労働力不足問題への対策として、非常に重要です。

業務の効率化は限られた人材を最大限に活用する手段の一つとなります。

生産プロセスを効率化したいなら、作業環境の改善は必須でしょう。

作業効率を上げるための環境整備や作業の合理化は、従業員の働きやすさを向上しモチベーション維持の要素となります。

また、自動化やデジタル化などの技術を導入し人間の仕事を補完・支援すれば、同等以上の生産力を確保できます。

労働力不足が製造業の多くの企業に影響を与えています。

生産プロセスの効率化によって限られた労働力を最大限に活かし、同時に従業員の働きやすさに配慮するのが大切です。

製造業における生産効率改善の具体的な方法

製造業における生産効率改善の具体的な方法

「生産効率を改善する方法を知りたい」とお悩みの経営者の方も多いのではないでしょうか。

生産効率改善と一言で言っても、自社に適した方法で行わなければ効果がありません

生産効率を改善するには、無駄の削減やシステム導入などいくつかの方法があります。

それぞれ詳しく解説します。

最初に問題点を探り、自社に合った方法で生産効率を改善してください。

無駄の削減による効率向上策

無駄の削減は、効率向上に重要な役割を果たします。

具体的な無駄削減策として、下記の3つの方法があります。

  • リーン生産の導入
  • ジャストインタイム生産
  • 自動化とロボット技術の活用

さらに、無駄の削減には作業手順の見直しも必要です。

従業員がより効率的に作業できる手順や環境を整えてください。

従業員は現場の問題点や無駄を熟知しています。

提案制度などを活用して、積極的にアイディアや意見を募ると無駄の削減がより効果的に行なえます。

先進的な技術・システムの導入での効果

先進的な技術やシステムの導入による効率化向上が期待されています。

なぜなら、テクノロジーがさまざまな面で業務プロセスを最適化し、効率を向上させるからです。

例えば、自動化とロボット工学、Iot、AI、クラウドコンピューティング、デジタルツインなどの技術は生産効率向上の効果が高いとされています。

もちろん、企業が導入するテクノロジーやシステム、産業の特性などによって効果は異なるでしょう。

しかし先進的な技術の導入により、総合的な生産効率向上や競争力の向上が可能になるといえます。

人材育成とスキルアップによる業務改善

人材育成とスキルアップは業務改善を促進する重要な要素です。

製造業において従業員には、基本的な業務や安全な作業手順のトレーニングが不可欠です。

新入社員や未経験者へのオリエンテーションプログラムを充実させ、安全意識の向上と適切な業務知識の獲得をサポートしてください。

業界の技術的な進歩が速く、新しい機械や生産技術が次々と生まれています。

定期的な技術トレーニングを提供し、従業員が最新の技術を理解し、活用できるようにしましょう。

特に専門的技能が必要な業務では、従業員にスキル向上の機会を提供してください。

製品の品質向上や生産性向上が期待できます。

継続的な人材育成とスキルアッププログラムの導入によって、変化する市場に適応し生産性や品質の向上、コスト削減など業務改善が可能になります。

効率を最大化するプロセスの見直し

業務プロセスの見直しは、効率を最大化し、コストを削減するために必要です。

以下にプロセスの見直し手順を解説します。

1.現行プロセスのマッピング

現行の業務プロセスを明確にします。

関与する部署、使用しているツールやリソースを把握しましょう。

業務の流れを可視化するために、フローチャートやプロセスマップの作製も有効です。

業務プロセスの全体像を理解して、改善ポイントを特定してください。

2.問題の特定

業務の中で時間がかかっている箇所や、作業が滞っているボトルネックを特定します。

無駄な手順や待ち時間、重複作業などを洗い出し、削減すれば業務全体の効率向上が可能になるでしょう。

3.テクノロジーの活用

現行の手作業や手動プロセスを自動化する手段を検討します。

自動化によりヒューマンエラーを減少させ、生産性向上が期待できます。

最新技術やツールを導入し、業務を効率化するのがよいでしょう。

IoT、ビックデータ解析、クラウドサービスなどが有効なツールとしておすすめです。

4.チームの参加と意見収集

業務に関与する従業員からのフィードバックを収集します。

従業員の意見や提案は、業務改善の有益な情報です。

プロセスの見直しは一度だけの作業ではありません、変化する状況に合わせて継続的に行うべきです。

プロセスの見直しによって、常に最適な効率を維持できるのです。

生産効率向上の事例紹介

生産効率向上の事例紹介

生産効率を向上させた事例を3つ紹介します。

積極的にアイディアを取り入れていただければ幸いです。

現場の状況把握によるデータ活用事例

和歌山県にある印刷会社の事例を紹介します。

この会社の強みは特殊印刷で、競合が少なく売上を順調に伸ばしている企業です。

しかしある時期から増収にもかかわらず、赤字に転落してしまいました。

売上は伸びているが外注加工費率が高く、販売単価の低落も加わり採算悪化を招いている商品が原因と判明。

この事態をきっかけに、従業員の意識改革に取り組みます。

毎月の販売実績だけでなく、変動費、固定費、固定比率の推移を生産品と関連付けて見える化したのです。

従業員の創意工夫が、会社の業績と密接に関連していることを理解してもらうような仕組みを構築しました。

経営方針は、売上重視から利益率重視に転換。

新商品の開発時は、自社の強みを活かせるか、市場に安定性はあるか、といった視点で丁寧に検討するようにしました。

意識改革後に開発した製品のうち、特に利益拡大に貢献している商品があります。

社内一貫生産できる仕様のため、高い利益率を確保しています。

生産品目のコストを従業員と共有し、経営指標を見える化したことで利益率が確保できる新商品開発に成功した事例です。

コスト削減に成功した具体的な取り組み

長野県にある食品製造業者の事例を紹介します。

この会社では味付き油揚げ、高野豆腐などを製造しています。

検品作業における無駄な動きの削減、製造不良によるロス削減が課題でした。

検品作業ではビデオを使って、詳細な作業分析を行います。

製品を取る、確認する、置くなど一連の作業を1秒単位で記録。

さらに作業ごとの所要時間をグラフ化し、作業の無駄や無理を徹底的に洗い出したそうです。

油揚げを入れるコンテナを滑らせて移動させる機器(シューター)の導入などの対策を講じた結果、労働生産性が33%アップしました。

また不良品の原因を不良内容、発生数量の観点から分析し見える化しました。

分析の結果、撹拌機に付着した凝固物が原因だったことが判明。

廃棄ロスを42%削減出来ました。

問題点を徹底的に調査、分析してコスト削減に成功した事例です。

生産管理システムの導入で効果を発揮した企業

茨城県にある医療関連機器の製造会社の事例を紹介します。

この会社では遠隔地にある工場の現状確認は、電話を使用していました。

しかし、電話では稼働状況を具体的に捉えきれないなど、非効率な状況が懸案事項です。

課題解決のため、生産設備をネットワークに接続し稼働状況を可視化しました。

取り組みの結果、各工場の稼働率が明確にわかり業務振り分けがスムーズに行なえるようになったということです。

稼働率は、60%から80%超に改善。

ネットワークの接続により、稼働データの蓄積や分析が可能となりました。

データは生産現場の問題点の把握と業務改善に役立てています。

生産管理システムの導入によって生産効率が向上した事例です。

生産効率改善の課題と今後の展望

生産効率改善の課題と今後の展望

生産効率改善には、デジタル技術の活用が必要です。

今後の展望や、新たな課題である環境問題について解説します。

DX推進における生産効率改善の関連性

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術の導入や活用によって業務プロセスを革新し、競争力を向上させる取り組みです。

DXの推進と生産効率改善は密接に関連しています。

なぜなら、デジタル技術を導入することで業務プロセスが効率的に管理・運営できるようになるからです。

例えば、自動化技術やIoTを活用して、人間が行なっていた単純作業を機械に任せるのはいかがでしょう。

人間のエラーや遅延を軽減し生産効率を向上できます。

DXは生産効率を向上させ、競争力のある製造プロセスを構築する手段となります。

スマートで効率的な作業環境を提供し、迅速な変化に対応できる体制を整えることが可能です。

環境問題との関わりと持続可能な生産効率向上

環境問題と生産効率向上は持続可能な経済活動の観点から、密接に関連しています。

生産効率向上を向上すれば、環境への影響を低減しサスティナビリティを高める手段となるのです。

例えば生産プロセスにおいて重要なのは、原材料や資源の効率的な利用ではないでしょうか。

原材料の使用状況や廃棄物の発生量をコントロールすれば、生産効率向上につながります。

エネルギーの使用を最小限に抑える省資源型の製造も、結果として生産効率を向上させるでしょう。

生産効率を向上させる取り組みは経済的な面だけでなく、企業が社会や環境に対する責任を果たすことを意味します。

生産効率向上で製造業の明日は変わる

生産効率向上は、製造業にとって重要な課題です。

とはいえ、課題を解決すればさまざまな恩恵があることも事実です。

恩恵とは、生産効率向上だけでなく企業の持続可能な成長や、利益増大、競争力強化などが挙げられます

生産効率を向上する取り組みによって、製造業のさらなる発展に寄与しましょう。

業務改善に関するご相談はこちらまで
業務改善は進めたいが何から始めていいかわからない・改善策はないと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次