医療事務が人手不足の理由は?労働環境の問題点と人手不足の解消方法を解説

医療事務が人手不足の理由は?労働環境の問題点と人手不足の解消方法を解説

医療という安定した業界と事務作業から、女性に人気になっているのが医療事務です。

一般事務と比較して専門性が高いので、スキルを身に付けて長く勤務したいと考える人も多いでしょう。

しかし、医療事務は過酷で人手不足になっているという話もささやかれています。

本記事では、医療事務の人手不足の理由と問題点、その解消方法を解説します。

医療事務の離職に悩んでいる病院やクリニックは、参考にしてみてください。

医療事務が人手不足の理由は?労働環境の問題点と人手不足の解消方法を解説
目次

医療事務と人手不足の現状

医療事務と人手不足の現状

医療事務の現状ですが、希望者がいる一方で離職率が高いことが問題になっています。

医療事務の需要と供給について、解説していきます。

医療事務になりたい人はいる

医療事務は、多くの人にとって魅力的な職業です。

病院やクリニックなどの医療機関が存在する限り、医療事務の需要は尽きることがないためです。

安定収入を得たいと考える人にとって、医療事務は選択肢の1つといえます。

現在では通信講座などでも医療事務の資格を取得できるので、参入のハードルが低いのも魅力でしょう。

特に、女性は事務職を希望する人が多いので、安定していて事務作業ができる医療事務は長年人気の職業になっています。

医療事務は離職率が高い?

医療事務の職場は、離職率が高いという話をよく聞きます。

省庁による統計は発表されていませんが、新人が育って安定期に入ると思われる時期に結婚や出産で離職しやすいことが理由の1つです。

また、経験豊富なベテランの離職も多く、後輩たちの業務負担が増えて結果的に離職の連鎖が起きてしまう悪循環が生じています。

医療事務が人手不足になる理由

医療事務が人手不足になる理由

医療事務の人手不足には、以下のような理由があります。

  • 労働環境が良くない
  • 給与が低い
  • 運営方針が合わない
  • 患者からのクレームが多い
  • 人間関係が合わない

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

労働環境が良くない

医療事務の仕事は、業務量が非常に多いことが人手不足になる理由の1つです。

医療事務は、以下のような業務を担当します。

  • 患者の受付
  • 保険請求
  • データ入力
  • 電話対応
  • 会計

人手不足が顕著な病院やクリニックでは、職員1人あたりの負担が増加し、残業が日常化することも少なくありません。

人手不足が理由で有給休暇を取得しにくくなり、結果として離職につながっています。

給与が低い

医療事務は、命に関わるという責任の重さに比べて給与が低い傾向にあります。

特に、新入社員やパートタイム職員は、低賃金で働くことが一般的です。

厚生労働省がまとめたハローワーク求人の統計データでは、医療事務の月給は全国平均で20万5000円でした。

就業形態で正社員が77.5%を占めていながらこの平均月収は、決して高いとはいえません。

仕事の割には給与が見合わないと感じる医療事務員が多く、これが離職の大きな理由となっています。

給与の不満は、業務へのモチベーション低下に直結し、結果的に医療事務の人手不足を招く要因となっています。

(参照:職業情報提供サイト「医療事務」

運営方針が合わない

医療事務員が離職するもう1つの理由は、職場の運営方針との不一致です。

特に小規模な医療機関では、院長や上層部の意向が強く反映されることが多く、医療事務員の意見が十分に反映されない場合があるでしょう。

ワンマン経営が日常化している労働環境では、医療事務員のアイデアや提案を活かせないため、やりがいを感じにくくなります。

その結果、医療事務員に離職されてしまい、人手不足が深刻化してしまいます。

患者からのクレームが多い

医療事務員は、患者からの直接的なクレーム対応を担うことが多く、これが精神的な負担となっています。

特に、待ち時間の長さや保険手続きの複雑さに関するクレームは日常茶飯事であり、毎日のようにクレームを受け止めることは容易ではありません。

一つひとつのクレームが小さくても、その心労が積もってしまうことで心身の不調をきたす可能性もあります。

クレーム対応のストレスは、医療事務員の離職率を高める大きな要因の1つです。

人間関係が合わない

医療事務の職場では人間関係の問題も離職率を高める要因となっています。

医療機関内では医師や看護師、その他のスタッフとの協力が不可欠です。

その人間関係がうまくいかない場合、職場でのストレスが増大します。

スタッフの中には、直接的な医療行為をしない医療事務員を下に見てくる人もいるので、円滑なコミュニケーションが難しい場面も出てきます。

職場の人間関係を理由に、医療事務員が辞職するケースは少なくありません。

職員の入れ替わりが激しい

医療事務では、職員の入れ替わりが激しいのが特徴です。

若い医療事務員は結婚や出産などの人生のイベントを理由に離職し、ベテランは業務量の多さや人間関係を理由に離職するためです。

医療事務員の入れ替えが激しいと、業務の引継ぎがうまくできず、ミスが増えたり効率が低下する可能性があります。

その結果、残業が増えたり有給休暇を取得しにくくなり、さらに離職を検討する医療事務員が増えてしまいます。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスは、全国の病院やクリニックにとって大きな負担になりました。

患者の隔離や慣れない防護服の着用、指示を聞いてくれない患者対応など、常に多忙と不安の連続です。

また、支払いも通常の会計方法と異なるので、多くの医療事務員が混乱しました。

病院やクリニックによっては、スタッフに外出やイベント参加の自粛を求めていたので、休日のストレス発散も思うようにできなかったでしょう。

ウイルスは、どんなタイミングで蔓延するか誰にも予測できません。

そのため、自身の健康や生活を優先して離職を決断した医療事務員が増加しました。

医療事務に向いている人

医療事務に向いている人

病院やクリニックでは、人手不足にならないように医療事務の採用を行っていますが、医療事務に向いている人を把握していないとミスマッチになってしまいます。

医療事務に向いている人の特徴は、以下の通りです。

  • 細かい仕事が好きな人
  • 人と話すのが好きな人
  • 感謝される仕事がしたい人

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

細かい仕事が好きな人

医療事務の仕事は、パソコン入力やレセプトの管理など、細かい作業が多いのが特徴です。

他にも、カルテの内容を正確に記録するなど、ミスが許されない重要な仕事が多々あります。

細かい仕事でも、集中力を保ちながら正確に業務を進められる人は、医療事務に適しています。

医療事務の仕事には正確さが求められるので、上記のような仕事を楽しめる人は、医療事務での成功が期待できます。

人と話すのが好きな人

医療事務は、患者さんだけでなく、医師や看護師など多くの人とのコミュニケーションが不可欠です。

日々多くの人と接するため、人と話すことが好きで、関わることが苦でない人は適職です。

また、医療事務は病院やクリニックの顔としての役割も担うため、どんな状況でも笑顔で対応しなくてはいけません。

明るくてコミュニケーション能力に自信がある人は、医療事務員として活躍できるでしょう。

感謝される仕事がしたい人

医療事務は、患者さんに感謝されることが多い仕事です。

人の役に立ちたい、感謝される仕事がしたいと考えている人は、医療事務が向いています。

また、丁寧な仕事をする医療事務員は、院長や他のスタッフから感謝される機会も増えます。

感謝される仕事にやりがいを感じられる人は、長く医療事務員として勤務できるでしょう。

医療事務の人手不足を解消する方法

医療事務の人手不足を解消する方法

医療事務の人手不足を解消するためには、以下のような対策が必要です。

  • パートの積極採用
  • 労働環境の見直し
  • クレーム対応の見直し
  • 率先して有給休暇を取得する
  • 業務をDX化する

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

パートの積極採用

医療事務の人手不足を解消するためには、パートタイム従業員の積極的な採用が有効です。

育児や家事との両立を求める女性従業員が多い医療業界では、短時間勤務や柔軟なシフト制を採用できるパート従業員の採用が効果的です。

パートで医療事務をすることで、子供の帰宅時間や学校行事に対応しやすく、仕事と家庭の両立ができます。

子供が大きくなって長い時間働けるようになった際には、柔軟に勤務時間を変更することで長期的に医療事務に従事できるでしょう。

正社員だけでなく、多様な働き方を受け入れることで、医療事務の人手不足問題を緩和できます。

労働環境の見直し

労働環境の見直しも、医療事務の人手不足解消には欠かせません。

医療事務は、長時間労働や過度なストレスが原因で離職するケースが多いためです。

具体的には、労働時間の適正化や休憩時間の確保、給与体系の見直しなどが重要です。

定期的に面談やヒアリングの機会を設けて、医療事務員との意見交換をしてみましょう。

普段は気がつかない問題点や、改善項目が見つかる可能性があります。

また、スタッフが働きやすい環境を整えることで、離職率の低下と従業員満足度の向上を両立できます。

クレーム対応の見直し

患者やその家族からのクレーム対応の見直しも、医療事務の人手不足を解消するために重要です。

患者やその家族は、一番話をしやすい医療事務員に診療やその他のクレームを伝えてくるケースが多いので、心理的負担が大きくなるためです。

あらかじめ、クレームは院長や担当者を決めて対応するなどのマニュアルを設定しておくことで、医療事務員は安心して仕事に専念できます。

誰でも怒られるとストレスになったりイライラしたりするので、医療事務員に負担が集中しないような労働環境を構築しましょう。

率先して有給休暇を取得する

有給休暇の積極的な取得を奨励することも、医療事務の人手不足解消に有効です。

女性が多い医療事務では、子供の学校行事や家庭の事情で平日に休みが必要になるケースがあるためです。

施設全体で積極的に有給休暇を取得することで、家庭との両立だけでなく、オンとオフの切り替えができます。

従業員が余裕をもって働けるようになるので、疲労の蓄積を防ぎ、仕事の効率を高めることにもつながるでしょう。

有給休暇を取得することが職場の文化として定着することで、長期的な健康維持と雇用の安定につながります。

業務をDX化する

医療事務の業務をDX(デジタルトランスフォーメーション)化することで、業務の効率化と人手不足解消の両方を解決できます。

医療事務のDX化では、以下のような施策が有効です。

  • 電子カルテの導入
  • インターネット予約システムの利用
  • チャットによる質問回答
  • セルフレジ

上記のようなデジタル技術を活用することで、医療事務員の業務の自動化や効率化につながります。

その結果、医療事務員の業務負担を軽減し、限られた人員を最大限に活用した施設運営を可能にします。

まだDX化をしていない病院やクリニックは、セルフレジや電子カルテなどの導入しやすいものから検討してみてください。

まとめ|医療事務の人手不足解消にDX化を検討

医療事務の人手不足解消にDX化を検討

医療事務は、安定した仕事として女性に人気でしたが、現在では人手不足が問題になっています。

残業が続いてしまったり有給休暇を取得できなかったりすることで、さらに離職者が増えるという悪循環が起きているためです。

医療事務員は、結婚や出産などのイベントによる離職と、労働環境が原因で離職するケースがあります。

給与や有給休暇の取得率、クレーム対応の一本化などで医療事務員が働きやすい環境を提供しましょう。

同時に時短勤務や柔軟なシフトに応じることで、より多くの人材を採用できるようになります。

人手不足を解消するためには、DX化も検討しましょう。

電子カルテやインターネット予約システム、チャットによる質問回答やセルフレジを導入することで、医療事務員の業務を効率化できます。

限られた人材を最適化することで、人手不足解消にもつながります。

労働環境の改善とDX化で、医療事務の人手不足問題を解消して安定した施設運営をしてみてください。

業務改善に関するご相談はこちらまで
業務改善は進めたいが何から始めていいかわからない・改善策はないと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。
医療事務が人手不足の理由は?労働環境の問題点と人手不足の解消方法を解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次