介護DXが必要な理由とは?DX推進のポイントとメリットデメリットを解説

介護DXが必要な理由とは?DX推進のポイントとメリットデメリットを解説

人材不足が深刻な介護業界では、業務量が増加する過酷な現場に職員が耐えきれず、離職を選んでしまう悪循環が生じています。

雇用を維持し、さらに新しい介護職員を採用していくためには、介護DXが欠かせません。

介護DXが必要な理由、DX推進のポイントとメリットデメリットについて解説していきます。

介護DXが必要な理由とは?DX推進のポイントとメリットデメリットを解説
目次

介護DXとは?DXが必要な理由は?

まずは介護DXについて理解していきましょう。

  • 介護DXはデジタル技術の導入
  • 介護DXが必要な理由

介護業界にDXが必要な理由を理解して、DX導入の判断材料にしてみてください。

介護DXはデジタル技術の導入

介護DX(デジタルトランスフォーメーション)は、介護業界にデジタル技術を導入し、従来の業務やサービスを効率化する取り組みです。

紙ベースの記録をデジタル化することで情報の正確性と共有しやすさが向上し、職員間の認識のズレを防止できます。

さらに、スケジューリングや業務割り当てを自動化するソフトウェアの導入によって、現場での職員の負担を軽減できます。

介護DXは介護現場の効率化だけでなく、サービスの質も向上してくれます。

利用者一人ひとりのニーズをデータ化できるため、個別ケアの提供が可能になるためです。

介護DXが必要な理由

高齢化社会が加速し、介護の需要は増加の一途をたどっています。

この高齢者の需要に応えるためには、介護サービスの効率化と質の向上が必要です。

特に記録のデジタル化やリアルタイムの情報共有は職員は負担を軽減し、より専門的なケアに集中できるようになります。

また、人材不足が深刻化する介護業界では、DXによって限られた人材を最大限に活用し、介護サービスの提供量を増加できます。

介護DXは介護職員の仕事の質を向上すると同時に働きやすい環境を実現するため、業界全体の持続にも関わる重要な取り組みです。

介護DXを推進するメリット

介護DXのメリットは以下の通りです。

  • 業務の効率化が図れる
  • サービスの質が向上する
  • 人材不足を解消できる

介護業界では人材不足が深刻なので、人材不足で悩んでいる施設は参考にしてみてください。

業務の効率化が図れる

介護DXの最大のメリットは、業務の効率化です。

デジタル技術の活用によって日々の記録や報告書作成、スケジュール管理などが効率化され、大幅な時間節約が実現するためです。

例えば、介護記録をデジタル化することで、紙の記録と比較して入力や検索の時間を大幅に削減できます。

また、クラウドベースのスケジュール管理システムを導入することで、職員が自宅や通勤途中でもアクセス可能になり、スケジュールの調整や確認が容易になります。

介護職員は日々の事務作業から解放され、利用者に対する直接的なケアにより多くの時間を割けるようになるでしょう。

また、デジタルツールの導入による業務効率化は書類の紛失リスクの低減や人的ミスの減少にもつながります。

サービスの質が向上する

デジタル技術の導入は、介護サービスの質の向上にもつながります。

デジタルデータを利用することで利用者一人ひとりの健康状態やケアプランを詳細に管理し、個別ケアの提供が可能になるためです。

例えば、日々の血圧や服用している薬をデジタルデータで管理することで、利用者の健康記録をリアルタイムで更新したり、異変があった際に迅速な対処が可能です。

また、デジタルツールでのコミュニケーションは職員間の情報共有と連絡をスムーズにし、チーム全体でのケアの質が向上します。

人材不足を解消できる

介護DXは人材不足の解消にも効果を発揮します。

業務が効率化されるため、限られた人材でもより多くのサービスを提供できるようになります。

また、デジタル化は新しい人材の流入にもつながるでしょう。

特にデジタルスキルを持つ若い世代やテクノロジーに興味を持つ人々が、介護職員の業務に魅力を感じるようになります。

介護DXによって介護業界のイメージ改善と人材の多様化が進み、新たなスキルや視点を持った職員の育成が期待されます。

例えば、ITスキルを持つ職員が入職することで、介護現場でのデジタルツールの効果的な活用や、職員間の技術研修などが可能です。

介護DXは業務の効率化やサービスの質の向上だけでなく、人材不足の問題解決にも大きなメリットをもたらしてくれます。

介護DXを推進するデメリット

介護DXには以下のようなデメリットもあります。

  • 初期費用がかかる
  • DX人材を雇用しなくてはいけない

介護DXに失敗しないように、それぞれのデメリットについて解説していきます。

初期費用がかかる

介護DXを導入する際、最初に直面するのが初期費用の問題です。

ソフトウェアやハードウェアの購入、さらには運用開始までの設定や研修には多額の費用が必要となります。

特に小規模な介護施設やスタートアップの事業者にとって、DXの初期費用は大きな負担となるでしょう。

クラウドベースのシステムを導入する場合、システムのライセンス料、クラウドサービスの月額料金、職員向けのデバイス購入費用などが必要です。

さらに、初期投資だけでなく、継続的なメンテナンスやアップデートに関連する費用も見積もる必要があります。

DX人材を雇用しなくてはいけない

介護DXの成功には、デジタル技術に精通した専門知識を持つ人材の確保が必要です。

デジタルスキルを持つ人材を雇用するだけでなく、既存職員に対する研修や教育の機会を提供することも重要です。

しかし、介護業界ではデジタルスキルを持つ人材が不足していることが一つの大きな課題となっています。

最新のデジタルツールを適切に管理する能力を持つ人材や、データ分析を行うことができる人材などの専門職の不足は、DX推進の障害となります。

さらに、既存職員がデジタル技術に慣れるまでの時間、労力、学習コストも考慮しなくてはいけません。

介護DXを実現するためには適切な人材の確保と育成が欠かせず、そのために新たな投資と労力が必要です。

介護DXを推進するポイント

介護DXは以下の手順で推進しましょう。

  • 目標を設定する
  • 現場の問題点を洗い出す
  • 導入時のルールを設定する
  • 職員の負担を把握する
  • DX導入後の効果測定と改善を行う

特に、最初の目標設定と問題点の洗い出しが重要です。

目標を設定する

介護DXを成功させるためには、具体的で明確な目標設定が必要です。

職員の負担を軽減するのが目的なのかサービスの質を向上するのか、それぞれの目標に向けて具体的な計画を策定しましょう。

業務効率化によって職員の負担を軽減する場合は、記録管理の時間短縮、コミュニケーションの効率化などが目標となります。

介護DXは明確な目標でなければ、効果は最大化されません。

目標が明確であればあるほど、実現に向けた計画が明確になって進捗管理も容易になります。

現場の問題点を洗い出す

介護DXを推進するためには、現場で直面している問題点を洗い出すことが必要です。

介護職員や利用者、その家族からの意見を積極的に集めましょう。

具体的には、日常の業務での時間のかかるもの、利用者や家族からの要望、職員のストレスポイントなどを洗い出します。

集まった情報を基に、どのデジタルツールやプロセスが現場の需要に合致するかを考えます。

例えば、記録管理の手間を減らすためのソフト導入や、シフト管理を効率化するスケジューリングツールなどが検討されるかもしれません。

現場の問題点を正確に把握することで、介護DXの導入が具体的な課題解決につながります。

導入時のルールを設定する

デジタルツールやシステムを導入する際には、使用に関するルールを明確に設定することが大切です。

データの取り扱い、セキュリティ対策、プライバシー保護などが設定すべきルールの一例です。

例えば、利用者の情報を取り扱う際にはどのような情報が入力されるべきか、誰がアクセス権を持つのか、データのバックアップはどのように行われるのかといったルールが必要になります。

職員がDX導入時のルールを理解して守ることで、安全な運用と管理ができます。

職員の負担を把握する

DXの導入にあたっては、職員の負担を把握して軽減していく努力が必要です。

特にデジタル技術に不慣れな職員がいる場合は、十分な研修やサポート体制を整えることが重要です。

職員が新しいシステムをストレスなく使用できると、DXの効果を最大限に引き出すせます。

職員の負担軽減にDXを導入しても、それが新たな負担になってしまっていは意味がありません。

デジタル技術の習得には個人差があるので、お互いをサポートし合える環境を構築しましょう。

DX導入後の効果測定と改善を行う

デジタルツールやシステムを導入した後は、その効果を測定し、必要に応じて改善を行う必要があります。

導入したデジタル技術が業務効率化やサービスの質の向上にどの程度貢献しているか、分析して正確に把握するためです。

利用者の記録管理をどの程度短縮できたか、利用者ケアにどのような変化が起きたかなどが含まれます。

分析と評価をするためには、具体的な数値目標を指標として設定し、その指標に基づいて効果を測定しましょう。

効果測定と改善によって介護DXの導入が現場のニーズに合致しているかどうかを評価し、効果を最大限に活かせます。

介護DXの導入事例

介護DXの導入事例をいくつか紹介しましょう。

  • 介護ソフト
  • グループウェアソフト
  • スマートフォンやタブレット
  • 見守りセンサー

特にソフトとスマートフォンやタブレットは親和性があるので、合わせて使うことをおすすめします。

介護ソフト

介護ソフトは、請求業務などの介護施設での業務を支援するソフトウェアです。

以下、介護ソフトでできることをまとめました。

  • 利用者情報の管理
  • アセスメント記録の作成・管理
  • 請求業務
  • シフト表作成
  • 計算書類作成
  • 給与管理

介護ソフトの導入によって情報の正確性が向上し、必要な情報へのアクセスも容易になります。

介護ソフトにアクセスすることで、介護職員は利用者の詳細な健康記録やケア履歴をリアルタイムで確認し、適切なケアが可能になります。

参照:厚生労働省「介護ソフトを選定・導入する際のポイント集」

グループウェアソフト

グループウェアソフトは、職員間のコミュニケーションや共同作業をするためのソフトです。

以下、グループウェアの機能をまとめました。

  • コミュニケーション機能
  • 情報共有機能
  • 業務効率化機能

コミュニケーションにはチャット、掲示板、Web会議などの機能が搭載されています。

離れた相手との連絡や利用者の急な体調不良などをすぐに伝えられるため、業務効率化と職員同士の円滑なコミュニケーションにつながるでしょう。

情報共有はファイル管理、アドレス帳、プロジェクト管理などの機能があります。

情報へのアクセスが容易になるため、データを探す時間が短縮できるうえにデータを基にしたケアができるようになります。

業務効率化は、職員にとって一番重要な機能です。

日報、タイムカード、ToDoリストなどの機能を使うことで、事務作業の効率化につながります。

スマートフォンやタブレット

スマートフォンやタブレットの活用によって、介護ソフトやグループウェアソフトに簡単にアクセスできるようになります。

介護職員は、離れた階や棟からでも端末を通じて情報にアクセス可能です。

また、職員のスマートフォンやタブレットからでもシフトを確認したり、利用者が家族とビデオ通話でコミュニケーションが取れるなどのメリットもあります。

ビデオ通話ができる介護施設は、利用者と離れて暮らす家族にとって施設選びのポイントの1つにもなるでしょう。

見守りセンサー

見守りセンサーの導入は、利用者の安全面と職員の負担軽減に大きなメリットをもたらします。

夜間や職員が持ち場を離れている際に利用者の動きを感知し、異常があればアラートが鳴るため、転倒やベッドからの転落などの事故を予防できるためです。

介護施設の夜間は最小限の職員が業務を担当します。

トイレ介助などで目を離していても、見守りセンサーがあれば他の利用者が起きたことがすぐ分かるでしょう。

また、必要以上に巡回する必要もなくなるので、職員が体を休められる点もメリットです。

見守りセンサーは比較的低価格で導入できるので、介護DXの第一歩としても効果的なシステムです。

まとめ:介護DXと職員の意識改革でサービスの質は向上する

介護DXは、限られた人材を最大限に活用するために欠かせない取り組みです。

事務作業などの間接業務を短縮できるので、利用者のケアに時間を避けるようになるでしょう。

余裕のある介護はサービスの向上にもつながるため、利用者からの満足度も向上します。

介護DXを導入する際は、職員に負担にならないように配慮し、職員同士で適切にフォローし合える環境を構築しておくことも大切です。

どれだけ高性能なシステムを導入しても、職員同士のコミュニケーションや職場環境が良くないと効果を発揮できません。

介護は責任と肉体労働が伴う大変な仕事です。

一緒に働く職員同士がお互いをフォローして働きやすい環境をつくることで、離職率も低下して長期的な介護施設運営ができるでしょう。

DX・デジタル化に関するご相談はこちらまで
DXは進めたいが何から始めていいかわからない・デジタル化は難しいと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。
介護DXが必要な理由とは?DX推進のポイントとメリットデメリットを解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次