これが現代の製造業!先進的なDX導入事例5選

製造業では、人材不足や属人化により技術の継承などの課題があり、DXの推進を進めていかなくてはなりません。

一方、自社にとってどのようなDX推進をするべきなのか分からず悩んでいる方もいるでしょう。

そこで本記事では、先進的なDX導入事例を5つ紹介します。

製造業DXに取り組むと実現する内容についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

これが現代の製造業!先進的なDX導入事例5選
目次

「製造業DX」とは何か

製造業DX(デジタルトランスフォーメーション)は、製造業界におけるデジタル技術の導入と活用を指します。

製造業がDXを導入することで、生産プロセスの効率が向上したり、製品の品質管理に役立ったり、サプライチェーンの最適化が可能になったりします。

DX化するためには、IoT(Internet of Things)やビッグデータの活用、人工知能などのテクノロジーを駆使することが大切です。

製造現場から生じるデータをリアルタイムで収集・分析することで、生産ラインの透明性が向上し、迅速な意思決定が可能になります。

製造業DXを強化すると、競合との競争力が向上し、新しい製品の開発に役立てられ、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

このように製造DXの導入により、製造業者は市場の変化に適応でき、顧客ニーズに柔軟かつ効果的に対応できるようになるでしょう。

製造業DXの実現可能性

製造業DXの実現可能性

製造業DXを導入すると、以下の課題が改善されたり向上されたりします。

  • 生産性の向上
  • 人材不足の解消
  • 脱属人化と情報の可視化
  • 顧客満足度の向上
  • ダイナミック・ケイパビリティの獲得

順番に解説します。

生産性の向上

製造業DXによって、生産性の向上が期待できます。

デジタル技術の導入により、効率的なプロセスが可能となるためです。

IoTセンサーやビッグデータ解析により、生産ラインのリアルタイムモニタリングが実現されます。

その結果、機械の故障や生産の停滞を早期に検知が可能です。

人の確認よりも、AIなどにより機械の状態をすぐに数値などで確認できるため、より最適なメンテナンスが予測可能となり、機械の稼働率が向上するでしょう。

また、人工知能や自動化技術の活用により、生産プロセスの自動化と労働力の最適化が実現され作業の自動化なども実現可能です。

自社にあったデジタルツールの導入により、生産ライン全体の効率が向上し、無駄の削減や生産サイクルの短縮が達成されるため、生産性が飛躍的に向上します。

人材不足の解消

製造業DXの導入により、人材不足の解消も期待できます。

さまざまな作業をデジタル化することで、無駄な作業を省き、作業の効率化ができるからです。

たとえばAIやロボットなどを活用することで、自動化できる工程が増え、そのぶん必要な労働力が減ります。

とくに重作業や危険な任務は機械が担当し、従業員は高度なスキルを持つ仕事に集中できる点がメリットです。

また、人工知能の活用により、生産計画やサプライチェーン管理が効率的におこなえるようになります。

需要予測ができるため、需要に合わせた業務の管理ができるようになるからです。

このように、人でおこなわなければならない作業や管理についての人材のみを配置し、機械が代わりに労働力となってくれる工程についてはデジタル化することで、人材不足の解消ができるでしょう。

脱属人化と情報の可視化

製造業にてデジタルを活用すると、属人化を解消し情報の可視化が可能です。

製造業は、技術をもつベテランに依存しすぎて属人化されやすいといった特徴があります。

また、業務マニュアルを作ろうとしても、紙でのマニュアルを作ってしまい非効率で使いにくく、結局活用しないなどの課題もありました。

一方デジタル化を強化すれば、生産管理システムなどのツールを使用したり、クラウドにデータの管理などおこなったりすればより情報が見やすくなります。

ほかにも、誰でも見られるクラウドを活用したデジタルのマニュアルなどを用意すれば、仕事中でもタブレットやスマートフォンで活用がしやすくなるでしょう。

使いやすいマニュアルができれば、人材育成もしやすくなるのはもちろんのこと、担当者が不在のときは対応できないといった問題も起きにくくなります。

さらには機械から得た情報を確認することで、より管理を効率的におこなえて作業のしやすい環境が整うでしょう。

顧客満足度の向上

製造業DXによって、顧客満足度の向上も期待できます。

デジタル化により作業が効率化され生産性が上がれば、その分顧客満足度が上昇するからです。

また、蓄積されたデータを活用して、新しい製品の開発などをすることで、より顧客のニーズに合わせた商品を生産できるようになります。

そのほか、生産計画も管理することで納期遵守や品質管理にも役立ち、信頼性が高まります。

このように、顧客が必要な商品が必要なときに手に渡り、十分な品質を保ち続けてくれることで顧客満足度が上がり、自社の固定客が増えていくのです。

ダイナミック・ケイパビリティの獲得

製造業DXにより、ダイナミック・ケイパビリティの獲得も期待できます。

ダイナミック・ケイパビリティとは、自社で保有している資源や技術を活用して、変化に適応し、新しい状況に対応する柔軟性と能力のことです。

戦争や災害、新型ウイルスなど、予測ができないことは世の中には多数あります。

その状況であっても臨機応変に適応していかなければなりませんが、その分損失は大きくなり場合によっては倒産の危機に直面する可能性もあるでしょう。

一方、ダイナミック・ケイパビリティを発揮すれば、自社で臨機応変な対応をおこない、今ある資源で提供できるよう対応できるようになります。

ダイナミック・ケイパビリティは、DXを導入することで獲得の期待ができます。

デジタル化すれば、危機管理が最大限に行えるだけでなく、AIなどにより即座にデータの収集と分析をおこなえるからです。

このようにDXは迅速な変化への対応が可能であり、市場動向や顧客要求の変化に即座に適応できます。

結果として、製造業者は市場変動に即座に対応し、新たな機会を迅速かつ効果的に活用することができ、ダイナミック・ケイパビリティを発展させる基盤が構築されるのです。

製造業DXにおける課題と解決策

製造業DXにおける課題と解決策

製造業DXを推進するためには、以下の課題があります。

  • 技術的課題
  • 組織的課題
  • データ利活用の障壁

上記の課題がどのような問題を抱えているのか、解決策も交えて解説します。

技術的課題と解決策

製造業DXを推進する際、既存システムと統合できなかったりデータセキュリティ対策ができておらずなかなか進められなかったりと、技術的課題に直面します。

異なるシステムの統合は複雑で時間がかかり、データセキュリティの確保が必要です。

また、新技術の急速な進展に対応するための組織内のスキル不足も課題となります。

解決策として、ステップを踏んだ導入計画を進めていきましょう。

技術的な不安がある場合は、一気にデジタル化する必要はなく、小さな内容から徐々にスモールステップすることが大切です。

データセキュリティにかんして不安がある場合は、提携のサービス会社などと契約し専門家に相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

教育に関しても、外部の専門家がいます。

外部の協力も活用しながら、教育を強化することで新しいアイデアが生まれたりモチベーションの向上にもつながったりします。

組織的課題と解決策

製造業でDXを進めていく際、組織的な課題も発生しやすいです。

企業によっても異なりますが、技術職であるゆえに伝統的な組織文化が備わっており、新しい改革を拒絶しやすいためです。

デジタル化することへの抵抗感やデジタル知識の不足、組織全体の柔軟性不足が障害になりやすいでしょう。

経営者がデジタル変革へ意欲的だとしても、実際に利用する従業員が抵抗していれば、新しい技術を最大限に活用できない可能性があります。

解決策としては、まずは経営者がDX人材となり、リーダーシップを取りながら引っ張っていくことが大切です。

コミュニケーションを密に取り、DXの重要性やメリットを十分に説明します。

また、現場で働く従業員の声を元に、DX化の計画をたてることも必要です。

従業員の困りごとが解決できるデジタル化であれば、抵抗感も減りより柔軟に対応してくれるのはもちろん、より必要な項目をデジタル化できるからです。

まずは経営陣がデジタル化に意欲的になり、新しい時代の流れに敏感になるようにしましょう。

データ利活用の障壁と解決策

製造業DXにおけるデータ利活用の課題は、部署や部門でのデータが統合しにくかったり、大量のデータから有益な情報を抽出する技術やスキルがなかったりする点です。

部署によって、データの保管方法やデータフォーマットが異なる場合もあるでしょう。

その場合、統合や共有が複雑化し、なかなかデジタル化が進まないことがあります。

さらに部署によって、デジタルでのデータ利活用の認識や理解力が異なり障壁にもなるのです。

解決策としては、データ統合を実現するために、データ統合プラットフォームの導入などを検討するのも良いでしょう。

専門家の協力を得て、人材育成をしつつ最適なツールやクラウドの構築を検討することも大切です。

製造業DX実施のステップとポイント

本章では、製造業DXを実施するためのステップと重要なポイントを解説します。

これから製造業DXを実施しようと検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

DX推進のためのステップ

DX推進のためのステップは以下の通りです。

  • データを紙からデジタルに変更する
  • データを活用し分析をする
  • 分析した内容を活用する

まず、データを紙からデジタルに変更することから始めます。

全ての項目を最初からデジタル化する必要はありません。

スモールステップで徐々に進めていきましょう。

データをデジタルにすること以外には、会議を対面ではなくオンラインでおこなったり、電子押印にしたりすることも、デジタル化の第一歩です。

デジタル化が進んだら、クラウドで管理したデータを分析します。

分析以外にも、システムやツールの導入をおこなったり、技術の導入をおこなったりします。

最後に、分析したデータをさまざまな分野で活用していきましょう。

分析して業務効率化を図ったり、在庫を最適化したりします。

そのほか、製品の開発に役立てることも可能です。

さまざまなデータ分析を技術と組み合わせ、デジタル化を習慣付けるようにしましょう。

成功させるための重要なポイント

DXを成功させるには、DX推進を後押しできるDX人材がいなければ、なりません。

そのため、まず経営陣がDX人材としてリーダーシップを取る必要があるでしょう。

経営陣がリーダーシップを取ることで、より企業がDXへ意識を向けるようになります。

さらに育成についても進めていき、部門間の連携を強化していきます。

連携が強化されることで、データをより活用できるようになるでしょう。

DXを推進するにあたって、明確な目的を決め、達成するために必要な指標を決める必要もあります。

目標を決めることで、DX化を進めようという意欲にもつながり、従業員みんなが同じ方向に歩めるからです。

そのためにも従業員の悩みを聞いて、解決できるDX化を検討すると良いでしょう。

先進的なDX導入事例とその効果

先進的なDX導入事例とその効果

本章では、先進的なDX導入事例を5つ紹介します。

導入した結果、どのような効果が得られるのかも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

油圧機器製造業(東京都)

油圧機器や板金加工、福祉機器事業などを展開している会社の事例です。

事業のスタイルをオーダーメイドに変更したところ、負荷集中などが起こり納期遅れの問題に直面していました。

外部の専門家に相談をしながら、外部と意見交換をおこない必要なシステムツールの導入をして業務の可視化を実施。

その結果、プロセス整理ができ職人と営業だけで仕事が成り立っていたことが分かり注力するべき点が分かりました。

さらにデータ転記などの手間がプロセス内で発生していることも分かり、必要なデータを自動で流入することで効率化も図れたのです。

プラスチック製造業(山形県)

射出成形用金型の設計・製造をしている会社の事例です。

経済環境の変化により300人いた従業員が30人減り、経営再建に苦戦したことがきっかけで、デジタル化を導入します。

就業管理や営業管理をデジタル化に成功し、海外工場の生産管理のオペレーション負担を軽減するよう、データ管理を実施。

また営業からでも機械の稼働状況が見られるようにし、営業活動に役立てられるようになったそうです。

さらに、就業管理や営業管理など蓄積データを用いて、データの管理を一括して行うサービスを外販することにも成功しました。

成功した理由は、従業員の声を聞いたことが挙げられます。

小さなことから効率を良くできるよう変えていったため、社内の雰囲気も変化したそうです。

金型製造業(東京都)

精密金型の設計や製造をしている会社の事例です。

製造最中に機械トラブルが発生すると、毎回機械を止め解決していたため、音センサーを用いたIoTを開発し導入しました。

その結果、機械の音でトラブルが発生する前に解決できるようになったそうです。

さらに開発したツールをサブスクリプションとして、外販にも成功しました。

溶接加工業(石川県)

社内一貫生産での溶接加工業をしている会社の事例です。

オーダーメイドの商品を最初から生産していくため、知識や技術が必要です。

一方、技術のある職人の技術継承が課題となっていました。

人材育成は、見て覚えるといった人材育成方式だったため、なかなか人材育成がうまくいかなかったため、作業の言語化に取り組むべくノウハウの見える化を構築し実施。

加工のコツを職人から社長自ら聞き、いつでも見られるマニュアルを作成したそうです。

マニュアル作成後は、いつでも現場の大型パネルで自動表示できるようにし、マニュアル通りに現場の作業ができるようになりました。

その結果、だれでも職人の技ができるようになったのです。

ステンレス加工業(山形県)

排気筒やダクトなどを製造している、ステンレス加工業の会社事例です。

この会社では、同業種との差別化ができず悩んでいたそうです。

さらに属人化されている難しい加工を誰でもてきるような水準にもっていくには、デジタル化が必要でした。

課題を解決するためにデータ収集をし、工数の最適化を図りました。

削ったり磨いたりする技術を見える化するために、センサーと計測機器を導入し誰でも高度な加工ができるようになったそうです。

DX事例から自社の可能性を探ろう

製造業DXは、企業の課題によってさまざまです。

まずは、自社における課題の洗い出しを従業員と共におこない、アナログデータをデジタル化することから始まります。

デジタル化したデータの活用が成功すれば、開発した知識を活用し新しいサービス展開も期待できます。

DXを推進し、課題の解決に取り組んでいきましょう。

DX・デジタル化に関するご相談はこちらまで
DXは進めたいが何から始めていいかわからない・デジタル化は難しいと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次