【製造業必見】生産性向上のための実践的な改善策とは?

製造業において生産性向上は不可欠です。

生産性を向上させるには実践的な改善が必要です。

とはいえ、製造業の経営者の方は生産性向上を図る中で直面する課題や、問題に苦慮しているのではないでしょうか。

経営者が直面する悩みや課題は複雑かつ多岐にわたりますが、生産性向上の鍵となる実践的な改善策は存在します。

この記事では、生産性向上に向けた効果的な方法に焦点を当て、生産プロセスの最適化や技術の導入など具体的な方法について解説しています。

製造業者が迅速かつ持続可能な生産性向上を実現するためのヒントになれば幸いです。

【製造業必見】生産性向上のための実践的な改善策とは?
目次

製造業の生産性向上の重要性

生産性向上とは「ものづくりを効率よく行なうこと」を指し、製造業にとって大変重要な要素です。

企業が生産性向上によって得られるメリットには以下のようなものがあります。

  • コスト削減
  • 製品の品質向上
  • 環境負荷の軽減
  • リードタイムの短縮
  • 雇用の増加

生産性向上がもたらすメリットを考えると、その重要性は明白です。

製造業の生産性向上は企業の競争力を維持し、成長を続けるために必要不可欠です。

また、生産性向上は企業の成長だけにとどまらず、社会全体にポジティブな影響を与える重要性の高いものであると認識しておきましょう。

生産性向上に取り組むべき背景

日本の製造業では、取り組むべき課題として長年「生産性向上」を目標としてきました。

なぜ生産性向上に取り組まなければならないのか、背景には2つポイントがあります。

労働力人口の減少

日本の製造業が生産性向上に取り組まなければならないのは「労働力人口の減少」が目前に迫っているからです。

総務省が発表した下記の表をご覧ください。

少子高齢化によって日本の生産年齢人口(15~64歳)は1995年をピークに、年々減少しています。

2050年には5,275万人となり、2021年から29.2%減少する見込みです。

出典:内閣府(2022)「令和4年版高齢社会白書」高齢化の推移と将来推計 総務省図表2-1-1-1
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/html/nd121110.html

労働力人口が減少すると、企業は必要なだけの従業員を集められず、商品やサービスを十分提供できなくなる恐れがあります。

生産性を維持するために、労働者一人当たりがより多くの仕事をこなさなければならなくなるでしょう。

さらに、労働人口の減少に対して商品の需要が今までと同じなら、供給不足に陥ることになります。

現在よりも生産性向上が進めば、少ない労働力で商品やサービスの生産量を維持することが可能となります。

労働力人口の減少は、製造業生産性向上に取り組むべき重要な背景となっています

日本の生産性が低いワケ

労働力人口の減少がわかっているのに「日本の生産性が低いままなのは、なぜなのか」と疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。

日本の生産性が低いのには、いくつか理由があります。

代表的なものをいくつか紹介します。

■働き方の習慣

日本では長時間労働が常態化しており、効率的な働き方を積極的に取り入れてこなかった事実があります。

例えば、長時間働くことが美徳とされていたり、残業が当たり前だったりする考え方が一般的でした。

「より短時間で効率よく製品を生みだす」生産性向上とは、逆の考え方が浸透しており生産性を下げる原因となっています。

■デジタル化の遅れ

デジタル技術などの新しい技術や機械の導入が遅れていることも、日本の生産性が上がらない原因の一つです。

日本は、他の国よりも最新技術を導入するスピードが遅いと言われています。

デジタル技術の導入が遅れれば、同じ仕事をするのにも時間がかかり生産性が低くなってしまいます。

各企業でデジタル化がもっと進めば、仕事の進捗や情報共有が効率的かつスムーズに行えるようになるメリットがあります。

日本の生産性向上には、さらなるデジタル化が必要です。

■仕事の多様性と複雑さ

日本の製造業では、一つの製品を作るために必要な工程が複雑で細かい作業が多い傾向にあります。

シンプルで効率的なものづくりを確立できれば、生産性向上も可能です。

企業側も生産性向上のための業務の見直しや構造改革を積極的におこなう必要があります。

習慣化した働き方や環境によって、日本の生産性は低い状態が続いているのではないでしょうか

背景にある問題点や課題を解決し、生産性向上への取り組みを加速させることが大切です。

生産性向上が製造業にもたらすメリット

生産性向上が製造業にもたらすメリット

日本の生産性が上がらない背景をお伝えしました。

今後取り組みが成功し、生産性が向上した場合どのようなメリットがるのでしょう。

製造業における生産性向上がもたらすメリットを「利益の増大」「コストの削減」「品質の担保」の3つの観点から解説します。

利益の増大

「利益の増大」は、製造業が生産性向上によって得られる大きなメリットです。

生産性が向上すれば、同じ時間や労力でより多くの製品を作れるようになります。

これにより、売上が増え結果的に企業の利益が増大します。

また、生産性向上は製造時間を短縮し、より迅速な製品供給を可能にするでしょう。

迅速な製品供給ができれば、顧客の需要により迅速に対応し競争優位性を確保しさらなる利益の増大に寄与します。

コストの削減

生産性向上によって、製造過程の時間や材料の無駄を削減できます。

これにより、生産コストの削減が可能です。

例えば、労働時間の削減、エネルギー使用量の削減、廃棄物の削減などが考えられます。

コスト削減によって企業は、同じ品質の製品をより低いコストで生産できるようになるでしょう。

つまり、価格競争に強くなり、利益を増加さることが可能です。

品質の担保

生産性向上は、製品の品質も向上させる可能性があります。

効率的な生産プロセスや新しい技術を導入することで、製品の品質を一貫して保ちつつ不良品を減らすことができるでしょう。

高品質な製品は、顧客満足度を高め企業の評判を向上させます。

品質維持によって信頼を得れば、リピートビジネスや新規ビジネスのチャンスを増やすことができ、企業の利益が増加します。

生産性を低下させる原因と解決策

生産性向上は製造業にさまざまなメリットをもたらします。

一方、生産性を上げるのは簡単ではないと考える経営者の方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、生産性を低下させる具体的な原因についてお伝えします。

原因に対する解決策までしっかりお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

コミュニケーション不足

同じ仕事に取り組むチーム内で情報共有や意思疎通が不十分な場合、生産性を低下させます。

経営者やチームリーダーは、コミュニケーションの不足により誤解や混乱を招く可能性を考慮しなければなりません。

コミュニケーション不足によってプロジェクトが円滑に進まず、仕事の進捗に大きく影響します。

とはいえ、コミュニケーション不足は、あなたの積極的な取り組みによって解決できます。

■コミュニケーション不足の解決策

コミュニケーション不足の解決方法として、例えば定期的なミーティングを設けて、チームメンバー全員がプロジェクトの進行状況を確認できるようにしてはどうでしょうか。

コミュニケーションの時間が確保できない場合は、ツールを活用しオープンな交流ができる環境を整えるのも効果的です。

質問やフィードバックを歓迎する雰囲気を育てると、従業員同士の誤解や勘違いを防ぐことができます。

人材や時間の不足

人手や時間の不足は生産性を低下させます。

仕事に必要な人材が不足すれば、作業が遅れたり製品の品質維持が難しくなったりするでしょう。

また、十分時間をかけることなく仕事を進めると、ミスが発生しやすくなります。

生産性を上げるために、人材や時間の確保は優先して解決しなければならない課題です。

■人材や時間の不足の解決策

人材や時間の不足を解決するには、適切な人材配置や従業員のスキルアップのためのトレーニングが必要です。

プロジェクトを完了させるために必要な作業を見直し、業務の効率化を図ることも大切です。

人材確保のために、労働者が働きやすい環境を整えることも有効です。

また、タスクの優先順位を設定し、最も重要なものから作業を進めることで品質を維持しつつ、生産性を向上させることができます。

業務の標準化が不十分

業務の標準化が不十分だと、生産性が低下します。

作業の手順やプロセスが明確でないと、各従業員が一貫性を欠いた方法で業務を行う可能性があります。

これにより作業効率低下、ミスや事故などが発生する怖れがあり、生産性低下を招く原因です。

■業務の標準化が不十分の解決策

業務の標準化が不十分な場合は、作業手順やガイドラインの整備が急務です。

業務の手順を明確に文書化し、従業員全員が参照できるようにしてください。

手順書は定期的に見直し、改善する必要があります。

また、個々の従業員が手順書に従って、一貫した方法で業務を遂行できるように徹底しましょう。

トレーニングや研修を通じて従業員が標準化されたプロセスを理解し実践できるように、経営者やチームリーダーは日頃からサポートしてください。

作業のミス

作業のミスは生産性を低下させ、修正に時間とリソースを浪費してしまうリスクがあります。

ミスの原因としては、注意不足や疲労ストレスなどがあるのではないでしょうか。

作業ミスをいかに減少させるか工夫することで、生産性向上が望めます。

■作業のミスの解決策

作業のミスを減らすためにはチェックリストの導入がおすすめです。

チェックリストを活用すれば作業前にミスを防いだり、早い段階でミスに気づけます。

十分な休息やストレス管理もミスを防ぐためには重要な要素です。

従業員が健康でリフレッシュされた状態で働ければ、ミスを軽減できます。

加えて、エラーを早期に検出できる品質管理システムの導入などを検討するのも一案です。

具体的な生産性向上施策とステップ

具体的な生産性向上施策とステップ

生産性向上を目指していても「どのように進めるべきか」とお悩みの経営者も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは具体的な生産性向上のための施策をお伝えします。

「目標設定」「課題の明確化」「生産プロセスの改善」「デジタルツールの導入」「設備改善」という5つのステップを順に実行すれば、生産性向上が見えてきます。

目標設定

目標設定では、達成すべき具体的な目標を立てることが大切です。

SMART原則(具体的、測定可能、達成可能、関連性、時間設定)に基づいて目標設定しましょう。

わかりやすい例として「製品の生産性を次の四半期までに20%増加させる」などの目標設定があります。

具体的な目標を立てることにより、従業員は仕事に対する方向性を理解し、やりがいを感じながら作業に取り組めます。

目標を社内全体で共有し全員が理解することが大切です。

また、大きな目標を、小さなステップに分解し段階的に進めるように設定してください。

もちろん「日々の仕事は時間内に終わらせる」という目標設定も欠かせません。

最終目標には、必ず期限を設定しましょう。

課題の明確化

課題の明確化では、プロジェクトの課題や問題点を特定します。

課題や問題点を洗い出し、それがなぜ問題なのかを理解します。

問題の原因を特定し、発生源を考え重要なものから優先順位をつけて解決しましょう。

例えば、生産ラインで遅延が頻発している場合、その原因を特定し解決策を見つけることが課題となります。

問題に対する解決策は、複数考えそれぞれのメリットとデメリットを比較検討して最適な方法を選択しましょう。

生産プロセスの改善

生産プロセスの改善は作業手順や流れを見直し、より効率的にかつ高品質な製品を作るために行います。

現在のプロセスを改めて見直し、生産性向上のために改善の余地がある点を洗い出してください。

不要な手順の削減や、作業の同時進行化などが改善策として有効です。

例えば、生産ラインの一部で作業員の待機時間が長いという問題がある場合。

その部分の作業手順を見直し、待機時間を減らす改善策を実施します。

改善策を実施したら、その効果を評価しましょう。

効果が確認できなければ、さらなる改善の検討が必要です。

デジタルツールやITの導入

デジタルツールやITの導入は仕事の効率を向上させ、生産性向上に役立ちます。

デジタルツールには、業務効率化ツール、コミュニケーションツール、データ分析ツールなどさまざまなものがあります。

どのようなデジタルツールやITが必要かを明確にし、適切なツールを選択してください。

業務の効率化を目指してプロジェクト管理ツールを導入する例を挙げます。

このツールは、タスクの割り当て、進行状況の追跡、期限の管理など、プロジェクトの各方面を管理するのに役立ちます。

全員が1つのツールを見ていれば、チームメンバー間のコミュニケーション改善になるでしょう。

このようなツールの導入によって、生産性が向上し、プロジェクトの成功率が高まる可能性があります。

経営者は導入するツールやシステムがスムーズに使えるように、使用する従業員にトレーニングを提供することも忘れないでください。

これにより、チーム全員が新しいツールを効果的に使えるようになります。

簡単な作業や操作、ルーティンワークをデジタルツールやITソフトウェアで自動化できれば、時間を節約し、ヒューマンエラーの軽減に貢献するでしょう。

設備改善

設備の改善は作業環境やツール、機器などの物理的な条件を向上させ、生産性を上げるための取り組みです。

現在の設備を評価し、問題点や改善の余地のある部分を特定します。

「作業の効率」「安全性」「作業環境」の観点から、設備について改めて見直すのが良いでしょう。

生産ラインの一部で頻繫に故障が発生する場合を例に挙げます。

このようなときは、設備のメンテナンス計画の見直しが必要です。

定期的なメンテナンスを強化すれば設備の寿命を延ばし、故障を減らすことが可能です。

また、設備が古くなって作業効率が低下しているなら、新しい設備の導入を検討してください。

新しい設備は最新の技術を利用しているため、生産性を向上させる可能性があります。

このように設備の改善は業務をより効率化し、生産性を向上させる重要な要素です。

もちろん、設備を改善する際はコストと利益を慎重に評価しなければなりません。

新しい設備を導入したら、従業員のトレーニングとサポートも必要です。

これにより、チーム全員が新しい設備を最大限活用できるようになります。

お伝えした5つのステップ参考にして、具体的に行動を起こすことが最も大切です

生産性向上のための施策は、一度実行すればそれで終わりではありません。

導入した施策の結果を検証し問題点があれば改善しながら、繰り返し取り組むことが重要になります。

あなたの企業の生産性向上のために、ぜひ実行してください。

これからの製造業での生産性向上

これからの製造業での生産性向上

製造業でこれから生産性向上を目指すなら、最新技術の導入は不可欠な要素です。

日本ではこれから労働人口が減少することは明白な事実です。

少ない人材で生産性を上げるためにはどうすればよいか、2つポイントをお伝えします。

IoTやAIの導入

これからの製造業では、IoTやAIを積極的に取り入れましょう。

IoT(Internet of Things)は、機器や設備がインターネットに接続されデータをやり取りする技術です。

IoTの導入によって、生産ラインの効率を向上させ、故障を予防することも可能になります。

例えば、工場にIoTセンサーを取り付けることで、機械の動作や製品の品質をリアルタイムでモニタリングできます。

設備の稼働状況や製品を監視し、異常があれば早期に発見、対応し影響を最小限に抑えられるでしょう。

AI(Artificial Intelligence)は、大量のデータからパターンを学習し、予測や意思決定を支援してくれます。

AIを生産プロセスに導入すれば、品質管理を強化したり、生産スケジュールを最適化することが可能です。

例えば、AIを使用して製品の品質を自動的に検査したり、不良品を早期に検出できます。

製造業においてIoTやAIを導入することにより機械や設備がスマートに動き、人材確保の一助となるでしょう。

最新のテクノロジーの導入は、生産性向上に寄与します。

多能工化の推進

多能工化とは、一人の労働者が複数のスキルや知識をもち、さまざまな業務をこなせる状態のことを言います。

例えば、製品の組み立てだけでなく、機械の操作やデータ入力もできる人がいたらどうでしょう。

また、一部の設備が故障した場合でも、他の設備を操作できる従業員がいればどうでしょう。

生産をストップせずに済むのではないでしょうか。

複数のスキルや知識をもった従業員がいれば、生産ラインの柔軟性が高まり、人材配置を最適化できます。

柔軟性の高い生産ラインによって、消費者の需要に素早く対応することも可能になります。

これからの製造業では、一人が多くの知識やスキルをもつ多能工化が必須です。

とはいえ、多能工化は、一朝一夕に実現することはできません。

多能工化を目指して従業員の教育とトレーニングを積み重ねることが大切です

各従業員の新しいスキルを学ぶ機会を増やし、自信をもって業務を遂行できるようにサポートしていきましょう。

施策導入で製造業の生産性向上を

日本の製造業における生産性向上は、労働人口の減少や、今までの低い生産性に対応する不可欠な課題です。

生産性向上によって、利益増大、コスト削減、品質担保といった多様なメリットが得られます。

コミュニケーション不足や業務の標準過不足などの原因によって生じる生産性低下を解決するため具体的な施策をお伝えしました。

将来的には、IoTやAIの導入や多能工化推進が製造業の生産性を向上させる鍵になります。

施策導入により製造業はより効率的で競争力のある業種になり、持続可能な成長を達成できるでしょう。

業務改善に関するご相談はこちらまで
業務改善は進めたいが何から始めていいかわからない・改善策はないと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次