工場の見える化の目的とメリットとは?

近年、製造業では工場の見える化が推奨されています。

とはいえ、以下のようなお悩みや疑問をもっている経営者の方も多いのではないでしょうか。

「実際のところ、見える化にはどのようなメリットがあるのか」

「見える化を推進しているが、従業員から理解が得られない」

そこで今回は、工場の見える化の目的とメリットについて詳しく解説します。

結論から申し上げますと、工場を見える化すると品質管理に関する課題解決につながる可能性があります。

工場全体のコスト削減や生産効率の向上に興味をお持ちでしたら、工場の見える化推進をおすすめします。

この記事が、見える化推進の参考になれば幸いです。

工場の見える化の目的とメリットとは?
目次

工場見える化とは

「工場の見える化とは?」

まずはこのように疑問をもつ方もいらっしゃるでしょう。

曖昧な理解のまま見える化を進めても、得るものはありません。

見える化の定義や追求する目的について、最初にしっかり理解しておきましょう。

工場見える化の定義と背景

工場見える化は、データや情報を視覚的な形で表現し労働者が素早く理解できるようにする手法です。

製造業や工場において、生産の透明性を高め、問題を早期に発見しやすくするために見える化が導入されています。

見える化が推進されている背景には、昔の工場にあった問題点を解決しようとする狙いがあります。

つまり、作業の進捗や課題を把握するのが困難で懸命に働いても生産性が上がらず、無駄な作業が多かった旧体制を変えようとする動きと言えます。

現在では、情報の可視化と分析・理解を促進する手段として、見える化が多くの工場で取り入れられています。

工場見える化が追求する目的

見える化を追求する主な目的は、生産プロセスや業績に関する情報を一目で理解できるようにすることにあります。

見える化によって生産性の向上や問題の早期発見が期待できます

例えば、工場の見える化によって、生産ラインや作業現場の状況がリアルタイムで把握できるようになります。

つまりどの工程がスムーズに進んでいるのか、どの箇所で問題が生じているかを素早く確認でき、生産効率を向上させられるのです。

工場の見える化は、製造業において効率性や品質向上のための重要な手段となっています。

「見える化」と「見せる化」の違い

「見える化」と「見せる化」は、よく似た言葉ですね。

この二つを同じ意味だと思っている経営者の方も多いのではないでしょうか。

しかし、「見える化」と「見せる化」はまったく別の手法であり、目的も違います。

「見える化」と「見せる化」の違いを解説しましょう。

■見える化(Visualization)

生産や作業の情報やデータを視覚的に分かりやすく表現すること。

従業員が生産の状態や進捗を一目で理解しやすくなる。

■見せる化(Showcasing)

従業員に情報を見せることを強調したもの。

工場の成果や優れた点をアピールする意味が含まれる。

「見える化」は主にデータや情報を視覚的に理解しやすくすることに焦点を当てています。

一方、「見せる化」情報を広く示すことを重視しています。

「見える化」の最終的な目的は問題解決や業務改善であり、「見せる化」は広報やアピールのために行われます。

工場見える化のメリットと経営効果

工場の見える化には、さまざまなメリットと多くの経営効果があります。

下記の4つは、工場の見える化の代表的なメリットです。

  • 生産効率向上によるコスト削減
  • 品質管理の正確性向上による製品品質改善
  • リアルタイムのデータ収集による異常対応
  • 従業員の業務進捗の共有と連携強化

ぜひ工場を見える化するメリットを理解し、導入を検討してください。

生産効率向上によるコスト削減

見える化は、工場の生産効率向上やコスト削減に大きく寄与します。

なぜなら、見える化によって生産プロセス全体を把握できるからです。

無駄や非効率な作業が可視化されるため、対策が打てるようになります。

例えば、過剰な在庫の解消、従業員の待機時間削減などの効果が期待できるでしょう。

見える化のもう一つのメリットは、需要の変動や原材料の供給状況の可視化です。

データに基づいて生産計画を最適化すれば、適切な時期に適切な量を生産し在庫コストを抑えられます。

見える化によって生産効率向上とコスト削減が可能になります。

品質管理の正確性向上による製品品質改善

見える化は製品の品質改善にも役立ちます。

見える化によって、生産プロセス全体が透明性をもちます。

どの段階で品質が悪化しているのか把握し、迅速に対策できるようになります。

例えば、品質データを分析して、異常なパターンや傾向を把握することも可能です。

製品ごとに製造過程や材料を把握することも、できるようになります。

品質が悪化した場合、どの工程や材料に問題があるかを特定し、迅速に対処できるでしょう。

見える化によって品質管理の正確性向上が達成され、結果として製品品質が改善されます。

リアルタイムのデータ収集による異常対応

工場見える化によって生産プロセスや作業のデータがリアルタイムで収集できるようになります。

つまり、問題が発生した瞬間に対策を講じることができるのです。

例えば、センサーやデータ収集システムを用いて生産ラインや機械の状態をリアルタイムでモニタリングします。

異常が検知されると、自動的にアラートを発するように設定しておけば安心です。

担当者が即座に対応に入るので、問題を素早く解決できるでしょう。

見える化によって情報がリアルタイムに把握できるようになれば、いち早く問題を検知し、効果的な対策を講じられるので生産性向上に寄与します。

従業員の業務進捗の共有と連携強化

工場見える化によって、従業員は業務の進捗状況をリアルタイムで把握できます。

これにより、作業の透明性が向上し全体の業務フローが明確になるでしょう。

従業員は全員が同じデータや情報を参照でき、チーム全体が同じ目標に向けて協力できます。

作業者同士や、異なる部門間での情報共有が円滑に行われ、意思疎通がスムーズになります。

例えば、プロジェクト管理やタスク管理のツールを導入すれば、業務の進捗や担当者をスムーズに共有できるでしょう。

各従業員が連携して、効率的な業務遂行が可能になります。

また、見える化によって従業員のパフォーマンスが可視化されます。

見える化に基づいて技能向上の必要性や、課題が明らかになり組織全体のスキルアップが期待できます。

工場見える化が従業員の業務進捗の共有と連携強化に寄与し、企業に多くのメリットをもたらすでしょう。

工場見える化の実現方法

工場見える化の実現方法

工場を見える化すると多くのメリットや経営効果があるとお伝えしました。

とはいえ、見える化を実際に導入する段階でお悩みの経営者の方も多いのではないでしょうか。

ここからは、工場に見える化を導入する方法について解説します。

IoT技術とシステム導入によるデータ活用

工場見える化を実現するための具体的な方法として、Iot技術とシステムの導入があります。

Iot(Internet of Things)とは、さまざまなものにセンサーや通信機能を組み込んで、インターネットを通じて情報をやり取りする技術のことです。

工場では生産ラインや機械にセンサーを取り付け、データを収集し送信して活用します。

収集したデータを蓄積・管理するシステムも併せて導入しましょう。

Iot技術とシステム導入によって、工場のさまざまなデータをリアルタイムで集められます。

つまり、工場がインターネットを通して自ら情報を発信しているようなものと考えてください。

管理者や従業員は、いつでもどこからでもスマートフォンやパソコンを使って生産ラインの状態をチェックできます。

Iot技術とシステムの導入によるデータ活用は、工場をスマートにする手段の一つであり、生産効率を上げるために役立っています。

工場見える化には、Iot技術とシステムの導入が必要です。

カメラ監視と画像認識技術の活用

工場見える化を実現するための具体的な方法として、カメラ監視と画像認識は大変有効な技術です。

カメラ監視とは工場のさまざまな場所にカメラを設置し、リアルタイムで見られる仕組みです。

工場の管理者や作業員が離れた場所から、生産ラインの状況を確認できるようになります。

画像認識技術とは、カメラが取り込んだ画像をコンピュータが解析して、特定の物体や状態を認識する技術です。

例えば、画像認識技術で製品が正しく組み立てられているかや、製品に欠陥がないかを見分けられます。

つまり、工場に目がついているようなものと考えてください。

カメラ監視と画像認識技術の活用は、工場の中をスマートに見守り、品質管理や安全管理に役立つ技術です。

工場見える化を実現するためには、カメラ監視と画像認識技術の活用をおすすめします。

工場見える化の課題と対策

工場見える化の課題と対策

工場の見える化には多くのメリットがありますが、もちろん課題が無いわけではありません。

ここからは、見える化の課題と対策についてお伝えします。

あらかじめ課題を理解していれば、スムーズに対策できます

ぜひ、見える化を導入する際の参考にしてください。

データ活用に伴うセキュリティリスク対策

工場見える化には、データ活用に伴うセキュリティリスクへの対策は不可欠です。

セキュリティリスクとは、悪意ある攻撃や情報漏洩などに対してデータが危険にさらされる可能性のことを指します。

セキュリティリスク対策を具体的にお伝えします。

■データ漏洩や改ざん

工場の貴重なデータがハッカーによって盗まれたり、改ざんされたりするリスクがあります。

データ漏洩や改ざんへは、主に3つ対策があります。

  • 強固なアクセス制御の導入:パスワードや認証手段の強化
  • 暗号化の利用:データを受送信する際は、暗号化して不正アクセスから保護
  • 定期的なセキュリティアップデート:システムやソフトウェアを定期的にアップデートし既知の脆弱性に対処

■フィッシングやマルウェアによる攻撃

工場で使用されるデバイスやシステムが悪意あるソフトウェアや攻撃にさらされるリスク。

フィッシングやマルウェアによる攻撃への対策は、主に2つです。

  • 従業員の教育:不審なメールやリンクに注意するようにセキュリティに関する教育を行なう
  • セキュリティソフトウェアの利用:セキュリティソフトウェアを導入し、悪意あるプログラムや攻撃から保護する

■デバイスの不正利用や紛失

工場から支給したデバイスが不正に利用されたり、紛失されてしまうリスクです。

デバイスの不正利用や紛失への対策は、主に2つの方法があります。

  • デバイス管理の強化:デバイスをトラッキングし、不正利用や紛失があれば早期に対応できるようにしておく
  • リモートワイプ機能の活用:デバイスを紛失した際は、遠隔からデータを削除するリモートワイプ機能を導入しておくと情報漏洩を防げる

工場見える化によって、必要なデータにいつでもアクセスできるのは大変便利です。

とはいえ、データにアクセスする際はセキュリティリスクが伴うことも自覚しておきましょう。

必要な対策は早急に講じて、安心してデータ活用ができるようにしてください。

労働者の業務進捗の透明性向上への抵抗

工場見える化を進めると、労働者が抵抗感を示す場合があります。

なぜなら、労働者は自分の業務進捗や作業状況が透明になることに不安やストレスを感じるからです。

業務進捗の透明性向上への抵抗感の根底には、プライバシーへの懸念があります。

労働者は、自分の業務が透明になることで、自分の作業が見張られているような不安を感じます。

業務の透明性が高まるほど、労働者は自分の作業に責任を感じやすくなり、見える化推進によって労働者のストレスが増加するリスクも高まるのです。

労働者の抵抗感やストレスへの対策を具体的に考えてみます。

■説明とコミュニケーション

見える化を推進する目的やメリットを十分説明し、従業員とのコミュニケーションを大切にしてください。

見える化による透明性向上が業績アップや仕事の改善に繋がることを理解してもらうのがポイントです。

■フィードバックと評価のフェアネス

労働者が透明性に対して不安を感じる場合、フィードバックや評価が公正であると保証するのが大切です。

公正な評価が行われると、透明性がポジティブな方向に働く可能性が高まります。

■プライバシー保護の配慮

見える化によって業務の透明性を向上させる際は、労働者のプライバシーを尊重するルールや仕組みをセットで導入しましょう。

業務進捗が、個人を特定しないように配慮するなどの対策をしてください。

■透明性のレベルの最適化

見える化を推進する上で、透明性を過度に高めると逆効果を生む可能性があります。

業務に関連する情報の適切な範囲を設定し、必要以上に透明性を高めないように注意してください。

以上のような対策を講じることで労働者の抵抗感を軽減し、工場見える化の導入をスムーズに進められます。

見える化を推進する際は、労働者への配慮を欠かさないでください。

見せる化との違いと注意点

見える化と見せる化は、似ているようですがまったく異なる手法です。

見せる化は、業績や生産活動の可視化を通じて、関係者に情報をわかりやすく伝えることを意味します。

主に工場の関係者が、業績や目標の進捗を理解しやすくする目的があります。

見せる化は、情報をシンプルで理解しやすい形式で表示しなければなりません。

過剰な情報や複雑な表示形式は、逆に理解を妨げてしまうからです。

一方、見える化は生産プロセスや業務の全体像を把握するための包括的なアプローチです。

リアルタイムで生産データや情報を収集・分析し、いつでもどこからでも見える状態にすることを意味します。

工場見える化に必要なのは、正確な最新データです。

例えば、部門や作業によって数値の基準や根拠にバラつきがあると、正確なデータとは言えませんよね。

見える化を推進するなら、データをどのように収集するのかについて決めておく必要があります。

工場見える化を推進しているつもりで、実は見せる化を進めている場合があります。

見せる化と見える化の違いを理解し、必要に応じて適切に使い分けるようにしてください。

工場見える化は効率アップに欠かせないプロセス

今回は、工場の見える化について詳しく解説しました。

近年、製造業において工場の見える化は急務であり、重要な要素として広く認識されています。

見える化には多くのメリットがあり、効率アップ、生産性向上のために欠かせないプロセスです

本記事を参考に、ぜひあなたの工場でも見える化を進めてください。

業務改善に関するご相談はこちらまで
業務改善は進めたいが何から始めていいかわからない・改善策はないと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次