「見える化」が製造業の生産性をアップ!方法やメリットを解説

経営者の方は、製造業における「見える化」の必要性を認識しているでしょうか。

「見える化」は、生産プロセスや業務を可視化し全体像を把握するのに必要不可欠な要素です。

とはいえ、「見える化」の重要性は広く浸透しているとは言えません。

実際に「見える化」を導入しても「うまく行かなかった」とお悩みの経営者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「見える化」について詳しく解説します。

具体的な「見える化」のメリットや推進する上でのポイントなど、詳しくお伝えします。

「見える化」を進めることで、どのように生産性向上に寄与するかもご理解いただけるでしょう。

「見える化」が製造業の生産性をアップ!方法やメリットを解説
目次

「見える化」とは何か?

「見える化」とは物事やデータを視覚的に分かりやすく表現することです。

製造業において「見える化」は、大変重要な要素です。

「見える化」を進めることで生産性の向上や問題の早期発見、効率的な生産計画の立案などのメリットが生れます。

製造業における「見える化」の重要性

製造業における「見える化」の重要性

製造業にとって「見える化」は必要不可欠とお伝えしました。

「見える化」が重要なのは、主に3つ理由があります。

  • 生産性の向上
  • 業務の属人化の脱却
  • 課題発見と解決の促進

3つの理由を解説しながら「見える化」の重要性を紐解いていきましょう。

生産性の向上

製造業における「見える化」の重要性は、第一に生産性の向上が挙げられます。

なぜ「見える化」によって生産性が向上するのでしょう。

蓄積されたデータを分析する、つまり「見える化」で生産計画を最適化できるからです。

需要の変動や生産ラインの稼働状況、製品在庫などをすべて「見える化」すれば、最適な生産計画を立てられます。

生産計画の段階で無駄を減らせるため「見える化」は生産性向上に寄与します。

また、生産ラインのデータや機械の動作を「見える化」すれば、機械の故障やメンテナンスが必要なタイミングを事前に把握できます。

「見える化」によって、計画的かつ効果的にメンテナンスできるため、生産性が向上するメリットがあります。

製造業において「見える化」は、生産性の向上に大いに貢献できる必要不可欠な要素です。

業務の属人化の脱却

「業務の属人化」とは、特定の従業員しか業務の進捗や進め方について把握できていない状態を言います。

製造業において「業務の属人化」は効率性や生産性に多大な影響を与える、重要な課題です。

そこで、特定の人だけが持っている知識や情報を共有すれるための「見える化」が推奨されているのです。

「見える化」によって、チーム全員が一貫した理解や知識を共有できる状態を目指しましょう。

さらに「見える化」されたデータやプロセスによって、新しい従業員や他部署のメンバーも業務を効率的に理解できます。

データやプロセスの「見える化」によって手順書の標準化が確立されれば、製品の品質向上や業務の効率化も進みます。

結果として「見える化」は、企業の利益増大につながるのです。

課題発見と解決の促進

製造業における「見える化」は、課題発見し解決策の実行に寄与します。

「見える化」によって蓄積されたデータを分析すれば、まだ表面化していない潜在的な課題を見つけることも可能です。

例えば、特定の機械が頻繁に故障している場合や、特定の作業段階で不良品が増えている場合など「見える化」されたデータから傾向を把握しやすくなります。

データを基に課題を特定し対策することをくり返せば生産性や品質が向上し、企業の競争力を高めることになるでしょう。

「見える化」がもたらす具体的なメリット

「見える化」がもたらす具体的なメリット

「見える化」は、製造業においてぜひ推進していただきたい要素です。

なぜなら、「見える化」には多くのメリットがあるからです。

「見える化」がもたらすメリットは、4つあります。

  • 作業進捗の正確な把握
  • 問題点の早期発見と解決
  • 業務プロセスの共有化と品質安定
  • ブラックボックス化の防止

詳しくお伝えします。

作業進捗の正確な把握

「見える化」がもたらすメリットの一つに「作業進捗の正確な把握」があります。

企業の管理者やプロジェクトリーダーは「全体の作業進捗状況を常に把握しておきたい」と考えているのではないでしょうか。

なぜなら、進捗状況を把握していれば作業の遅れや、問題点、不具合を早期に発見できるからです。

万が一プロジェクトの変更や、急なタスク追加が発生しても、全体の状況を把握していればすぐに対応できるでしょう。

しかし、多忙な管理者が常に作業を見張っていることは、現実的に不可能です。

さらに進捗状況を確認するために、コミュニケーションコストがかかってしまうことも。

上記のようなお悩みは「見える化」を導入すれば解決できます。

「見える化」は、経営者やリーダーだけではなく個々の従業員にもメリットをもたらすでしょう。

具体的には、メンバー同士の連携をスムーズにしたり、目標達成に向けてお互いに助け合ったりできるようになります。

各自が担当しているプロジェクトの作業状況を客観的に把握すれば、スケジュールが明確になりモチベーションアップにもつながります。

問題点の早期発見と解決

「見える化」によって生産プロセスや業務に関する情報を可視化し、事業全体を把握しやすくします。

製造ラインのデータを「見える化」すれば、経営者は現場の状況を把握し、問題が発生した際にすぐに気づけます。

また製品情報を「見える化」しておくと、不良品の発生や機械の異常を検知し、早い段階で対処できるでしょう。

「見える化」を通じて、需要予測や在庫状況などの情報を得ることも可能です。

「見える化」によって、一早く問題や課題を見つけ出し迅速かつ正確に対応できます。

製造業経営者は、これら「見える化」のメリットを享受することで、企業全体の利益を向上させられます。

業務プロセスの共有化と品質安定

「見える化」がもたらす具体的なメリットの一つに、業務プロセスの共有化と品質安定があります。

例えば、製造ラインの進捗状況や作業指示がリアルタイムで表示されば、各従業員は他の部署や担当者の進捗や仕事の進め方を把握しやすくなります。

共有された情報をもとに、お互いに協力しながら業務を遂行できるでしょう。

「見える化」によって品質管理のデータや指標を透明化できるのもメリットです。

品質に関する情報を共有できれば、製品の不良や欠陥を早期に発見でき、品質安定につながります。

また、品質データが「見える化」されていれば、各従業員は品質基準に合致するように効率的に作業できます。

このように「見える化」によって業務プロセスが共有化できれば、品質の安定化と生産効率の向上が実現できます。

ブラックボックス化の防止

「見える化」は、情報やプロセスの可視化ですから、ブラックボックス化の防止になります。

ソフトウェアの開発を例に解説します。

ソフトウェアの開発には、複雑な作業や連携が必要です。

プロジェクトリーダーは開発が予定どおり進んでいるか、把握しておく必要があります。

しかし、開発者一人ひとりの作業の進捗が不透明だったり、担当した作業が不明確だったりしたらどうでしょう。

何か問題が発生しても、どの部分で問題が起きているのか素早く把握できません。

リーダーはプロジェクト管理ツールを活用するなどして、タスクや進捗状況を「見える化」しておく必要があります。

このように「見える化」を推進すればブラックボックス化を阻止し、プロジェクト完成に向けて効果的な進捗や工程の管理が可能になります。

「見える化」を推進する上での課題と解決策

「見える化」を推進する上での課題と解決策

「見える化」の重要性やメリットを理解していても、なかなか導入が進まない場合があります。

「見える化」を阻む壁と、解決策について詳しくお伝えしましょう。

工程計画のブラックボックス化

工程計画のブラックボックス化は「見える化」を推進する上での課題の一つです。

ブラックボックス化とは商品の生産工程計画が不透明で、どのようにして製品ができているのかがわからない状態のことを指します。

まるで黒い箱の中で生産が行われているようで中身が見えない、全体像がわからい状態では、効率的な生産ができませんよね。

■解決策

製造業においては、工程計画をわかりやすく段階的に見せることが必要です。

製品がどのような工程を経て完成するのか、各人がどの部分を担当しているのかをチーム全体に周知することが、解決への第一歩となります。

例えば、図やグラフを活用して誰もが分かりやすいように示すことも必要です。

「見せる化」から「見える化」へのシフト

「見せる化」とは、見せたい情報を提示して常に認識できる状態にすることです。

例えば、注意事項や目標値を壁に貼るなどの行為は「見せる化」に当たりますね。

情報が自動的に目に入る状態を作り出すことを「見せる化」と言います。

一方「見える化」は、データや情報を収集し分析して、問題や課題を「見える」ようにする取り組みを指します。

データによって浮かび上がった課題や問題点は、早期解決するべきです。

「見えせる化」と「見える化」は似ているようですが、二つの効果はまったく違います。

情報を提示するだけの「見せる化」から、情報を分析して課題や問題点を見つけて対策する「見せる化」にシフトしていく必要があります。

■解決策

「見える化」の本来の目的を改めて認識しましょう。

単にデータを見せるだけでなく、データから見えてくる情報を活用する意識を持つことが大切です。

データの取得方法の更新

「見える化」のための分析には、なるべく多くの最新のデータを収集する必要があります。

データを取得する方法や計測機器が古いと、残念ながら正確な情報が得られない恐れがあります。

■解決策

最新のテクノロジーを使って情報を手に入れるのがおすすめです。

センサーやクラウドテクノロジーを活用して、リアルタイムでデータを取得できるようにすると良いでしょう。

ただし、最新機器を導入するにはコストがかかります。

「見える化」のメリットとコストを考慮して、慎重な検討が必要でしょう。

部門ごとの適切な評価指標の設定

「見える化」を推進する上で大切なのは、従業員全員が理解できる適切な評価基準を設定することです。

成果を評価する際、適切な基準が設定されていなかったらどうでしょう?

成果の根拠となる数値が部門ごとに違ったり、計算方法が違ったりすれば評価の信頼性も下がってしまいます。

成果を数字で把握し、数字によって従業員を評価するなら、全員同じ認識ができるように共通の評価指標を設定する必要があります。

■解決策

各部門が達成すべき目標や重要な仕事に焦点を当て、評価する基準を設定しましょう。

例えば、品質向上なら「不良品の数」生産性向上なら「生産時間の短縮」など、具体的な指標を使って評価するのが大切です。

「見える化」を推進する上での重要なポイント

「見える化」を導入し、実用レベルまで浸透させるにはいくつかポイトがあります。

これから「見える化」を推進したいとお考えでしたら、以下の3つのポイントをぜひ覚えておいてください。

  • 製造工場の5Sの努力
  • 社内共通の判断基準の設定
  • 導入後の検証と改良

ポイントを押さえておけば、スムーズな「見える化」導入が可能になるでしょう。

製造工場の5Sの努力

製造工場の5Sの努力は「見える化」推進に大きな役割を果たします。

5Sとは、以下の5つの行動を指します。

  • 整理
  • 整頓
  • 清掃
  • 清潔
  • しつけ

製造現場が清潔で整っていることで、多くのデータを収集し分析できるようになります。

また、従業員が一丸となって5Sに取り組むこと自体が「見える化」の基盤を築きます

5Sは生産プロセスの透明性を向上させ「見える化」を推進させるポイントです。

社内共通の判断基準の設定

社内共通の判断基準の設定は、製造業の「見える化」に大きく寄与します。

その理由は、主に3つです。

■一貫性の確保

社内共通の判断基準を設定することで、全ての部門で従業員が同じルールで仕事を評価すれば、一貫して成果を判断できるようになります。

これにより、働き方や製品の品質に一貫性が確保され、異なる部門間での比較やコミュニケーションが円滑になります。

■公平性の向上

共通の判断基準が存在すれば、社員全員が評価が公平であると感じられるようになるでしょう。

自分のチームはどのような成果が期待されているかを理解し、モチベーションが向上します。

■データの比較と分析

共通の判断基準を使用すると、異なる部門やプロジェクトのデータを容易に比較分析できます。

これにより、組織全体のパフォーマンスを詳細に把握し、改善の余地がある箇所を特定。

社内共通の判断基準は「見える化」を強化し、組織全体の透明性や効率性を向上させる重要な要素です。

導入後の検証と改良

「見える化」を導入した後の検証と改良は非常に重要です。

導入しただけでは、十分とは言えません。

導入前後の変化を検証し「見える化」の効果が期待どおりかどうか、冷静に検証する必要があります。

設定した目標や期待値と実際の結果を比較できるのが「見える化」導入のメリットです。

目標が達成されている場合は成功した要因を確認し、部門や個人を適切に評価してください。

一方、目標が達成されていない場合は改善策を模索する必要があります。

必要ならば、従業員へトレーニングやサポートを提供してください。

「見える化」のためのツールや手法について検証することも重要です。

実際にツールを操作する担当者の意見や情報は、システムやプロセスの改善に役立ちます。

製造現場は、技術の進歩、顧客ニーズやトレンドの変遷など、目まぐるしい変化に直面しています。

「見える化」の検証と改良は絶えず変化する環境において、効果的なプロセスを維持するために欠かすことのできない要素です。

業務効率化・生産性向上のために「見える化」を実現しよう

「見える化」が製造業の生産性向上に大きな影響を与えることをお伝えしてきました。

生産プロセスや業務を「見える化」することで、4つのメリットがあります

  • 正確な作業進捗の把握
  • 早期の課題発見
  • 解決業務プロセスの共有化と品質安定
  • ブラックボックス化の防止

しかし、「見える化」の導入にはいくつかの課題が潜んでいます。

お伝えした解決策を参考にして、経営者の方は「見える化」の実現に邁進してください。

業務改善に関するご相談はこちらまで
業務改善は進めたいが何から始めていいかわからない・改善策はないと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次