【製造業の現状】DXが進まない理由とは?その壁と解決策を探る

製造業DXを進めると、製造プロセスの効率化やコスト削減、新製品の開発などに役立ちます。

一方、製造業特有の課題などがありDXが進まず悩んでいる方や、実際の解決策が分からず進めない方もいるでしょう。

そこで本記事では、製造業の現状とDXが進まない理由について解説します。

解決策についても解説していますので、これからDX推進を検討されている方はぜひ参考にしてください。

【製造業の現状】DXが進まない理由とは?その壁と解決策を探る
目次

製造業とDXの関係性

製造業でデジタルトランスフォーメーション(DX)を意識すると、製造プロセスを効率化し、生産性向上を期待できます。

IoTセンサーやビッグデータ解析を活用することで、リアルタイムの生産データが得られます。

収集したデータを元に分析を行えば生産計画の最適化ができ、工場内の危険な作業も自動化すれば、作業環境の向上が期待できるでしょう。

そのほか、製品のライフサイクル全体を可視化することで、製品品質の向上と保守管理の効率化が可能です。

このような、デジタルを活用し自動化された製造現場のことを「スマート工場」と呼びます。

製造業がDXを取り入れることで、競争力の向上や新たなビジネスモデルの創出が期待できるでしょう。

製造業DXの基礎知識とメリット

製造業DXの基礎知識とメリット

本章では、製造業DXの基礎知識とメリットを解説します。

DXの必要性や実現するためのステップを、紹介するので参考にしてください。

DXとは?

DXとは、組織や企業が新たなデジタルテクノロジーを戦略的に導入し、ビジネスプロセスや価値提供方法を根本的に変革する取り組みのことです。

DXでは、IoTやクラウドコンピューティング、人工知能などの技術やデータを活用し、作業効率の向上はもちろん品質を向上させ、顧客満足度を上げます。

さらには、少子高齢化によって足りていない人的コストも削減できるため、どの業界でもすぐにでもDXにとりかかるべきと言えます。

DXの必要性

製造業におけるDXは、市場の急激な変化に対応し、競争力を強化するために不可欠です。

デジタル技術の導入により、生産プロセスが効率的になり、リアルタイムなデータ分析が可能となります。

これにより、生産計画の最適化はもちろんコスト削減、品質向上が実現して、現代の市場に合わせた取り組みが可能です。

作業が効率化されることにより、ムダが取り除かれ不要な工程を削減できたり、在庫管理が徹底されコスト削減に期待ができたりします。

また、IoTやクラウドコンピューティングを活用すれば、自社だけでなくグループ会社などと連携したシステムを構築することも可能です。

このようにDXを強化することで企業は柔軟性を高め、顧客ニーズに応える製品の提供が可能となるでしょう。

DX実現の3ステップ

製造業におけるDX実現のステップは、以下3つです。

  • デジタイゼーション
  • デジタライゼーション
  • デジタルトランスフォーメーション

まずデジタイゼーションをします。

デジタイゼーションとは、紙などアナログで管理していたデータを、デジタルに変更することです。

顧客リストなどや図面、報告書など、紙で管理していたものを徐々にデジタル化していきます。

デジタル化することで、コストの削減を期待できるでしょう。

デジタル化が進んだら、デジタライゼーションに取り組みます。

今までデジタル化した情報をうまく活用し、データの分析などを進めます。

この際、生産管理システムなどを用いると良いでしょう。

また、技術の導入とインフラ整備も整えていく必要があります。

データの分析ができるようになったら、最後にデジタルトランスフォーメーションです。

AIやデータ分析から、新しい市場を構築したり顧客のニーズを発見したりしましょう。

さらにはIoTを活用し、作業の効率化や生産を効率化させ、製品の開発や技術ロボットの導入をします。

さまざまな新しいデジタル習慣を根付かせることで、DXが進んだと言えるでしょう。

製造業の現状と抱える課題

製造業はDXに取り組むべきだと伝えましたが、実際の現状は簡単には進みません。

この章では製造業の現状と、抱える課題について解説します。

現状の把握

製造業と言えば日本と言われるように、以前ではメイドインジャパンの商品は世界各国で定評がありました。

世界だけでなく日本人も日本製に親しんでいましたが、現状は大きく変わってきています。

ネット社会が進み、日本に住んでいても簡単に海外製品が手に入るようになったのです。

その結果、製造業は機能の差別化や価格の差別化が難しくなりました。

現状を把握すると、DXは早急に進めなければならないと言えますが、伝統などもあり進んでいません。

このように製造業は、ほかの業種と比べてもDXが進んでいないと言えるでしょう。

製造業が抱える課題とは

製造業が抱える課題として、脱炭素の取り組みと2025年の崖があります。

どのような課題なのか解説していきます。

脱炭素への取り組み

現在、地球全体の気候が崩れ環境汚染も問題となっています。

そのため、全世界的に環境問題に関する法律などを強化中です。

日本でも同様に環境問題に関する取り組みのひとつとして、2050年を目標にカーボンニュートラルの実現を目指しています。

カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出をゼロにする取り組みのことです。

温室効果ガスの排出をゼロにするといっても、二酸化炭素などの排出から、植林などでの二酸化炭素の吸収量を差し引いた数字のことを指します。

製造業は業務内容上、特に温室効果ガスの排出量や資源の消費量が多い業種といえます。

そのため早急に取り組まなければならないと言えるでしょう。

2025年の崖

2025年の崖は、製造業が第四次産業革命の急速な進展に対応できない危機を指します。

新技術の導入、デジタルトランスフォーメーション、人工知能の活用が遅れ、競争力の低下や市場から脱落したり機会損失を被る可能性があったりするのです。

2025年の崖を克服するためには、デジタルスキルの向上や新しい技術の積極的な導入、組織文化の変革などが急務となっています。

DXが進まない理由とその壁

DXが進まない理由とその壁

製造業において、なぜDXが進まないのか理由は以下の5つです。

  • 社内のDXに対する理解度が低い
  • DX推進のための人材が足りない
  • 予算が確保できない
  • DX導入のための環境が整備できていない
  • DXで実現したいイメージが不明確

順番に解説します。

社内のDXに対する理解度が低い

DXが進まない理由として、社内のDXに対する理解度が低い点が挙げられます。

社内の理解度が低い理由は複数あります。

ひとつめに伝統的な業務慣習に固執しており、新しいデジタル技術への理解が浸透できない点です。

製造業は技術職でもあり、長年の伝統技術などが多くあります。

そのためデジタルへの転換が難しいのです。

2つ目の理由として、現状生産が滞りなくできていれば、導入するメリットを感じられない点も挙げられます。

3つ目が経営陣と作業をしている現場での意見が合わず進まない点です。

経営層と従業員間での情報共有不足などがあり、デジタル技術の効果や価値が十分に伝えられていません。

このため、DX化に対する不確実性や抵抗感が存在し、社内のDX理解度が低いまま推進が遅れるという課題が生じています。

DX推進のための人材が足りない

DX推進するためにはITなどに精通している人材が必要ですが、適任者がいないこともDXが進まない理由として挙げられます。

DXに必要な専門的な知識を持つ人材の競争が激化し、企業は採用難に直面しています。

また、既存の従業員を新技術に適応させるための教育もできず、デジタルスキルを向上させるための十分なリソースが提供されていないことも課題です。

予算の確保ができない

DXを推進していくには予算の確保が必要ですが、予算も確保できない点も推進の妨げとなっています。

経営層が即時のROIを求める傾向があり、デジタル投資の長期的な価値や将来の収益性を理解しきれていないため、予算が確保できないのです。

もともと製造業は既存の設備に多くのコストがかかっているため、これを新技術への投資に振り向けることが難しい現状があります。

IoTやセンサー、AIツールの導入には数万円から数千万円かかると言われています。

このようにイニシャルコストが多額にかかるため、予算の確保が難しいのです。

DX導入のための環境が整備できていない

DX導入には、環境整備が必要ですが、環境の整備ができていない点もDX化を遅らせています。

デジタルを活用するためには、データを保管するクラウドなどのストレージ管理はもちろんのこと、セキュリティ対策や社内の管理整備なども必要になってきます。

今までデジタル化をしていない場合は、これらのシステムはもちろん構築を始めからしていかなければなりません。

DXを推進していくには、環境整備ができていないため先に進めないのです。

DXで実現したいイメージが不明確

DXで実現したいイメージが不明確で、デジタル化だけして活用できないこともDXが進まない理由として挙げられます。

DXとは単にデジタル化するだけでなく、企業のあり方も変える重要な項目と言えます。

そのため、自社にとってDXをするビジョンを明確にしなければ、大きな改革はできないのです。

イメージを行うには、10年20年と今後の未来予測をおこない、顧客との今後の未来や市場でどのようなポジションでいたいかなどを考えます。

そのビジョンを現実のものにするための、DX戦略を検討していくのです。

しかし、デジタル化が目標となっている場合、うまく分析ができなかったりデジタル化しただけで目標を達成したと感じてしまったりします。

このような企業内でのDXビジョンができずにいると、DXが進まないのです。

製造業DXを推進するための解決策とアプローチ

製造業DXを推進するための解決策とアプローチ

製造業DXを推進するための解決策とアプローチは、以下の5つです。

  • 社内のDXに対する理解促進
  • 人材確保と育成
  • 業務環境のオンライン化
  • 個々の会社にあったゴール設定
  • 会社としての全体最適を目指す

順番に解説します。

社内のDXに対する理解促進

まず、社内のDXに対する理解促進をしていきましょう。

DX化が進んでいる企業の特徴として、流行や時代の流れを理解し実践しようとする点が挙げられます。

そのような企業では、従業員個々が新しいことに意欲的に取り組んでいるため、新しいことに抵抗を無くす社風を実現していくことが大切です。

従業員へ理解を促進させるためには、経営陣が正確な知識を持ちましょう。

従業員に最新のデジタル技術やその効果をアプローチし、成功事例や将来の展望を共有します。

より具体的なビジョンと従業員へのメリットをしっかり伝えることで、デジタル変革に対する不安や抵抗感が軽減され、積極的な参加が促進されます。

社内でのDX理解が進めば、従業員のモチベーション向上、新しいアイデアの発展、迅速な変革への対応が期待され、最終的には製造業のDX推進が円滑に進むことが見込まれます。

人材の確保と育成

製造業DXを推進するためには、最新のデジタル技術に精通した人材の確保と育成が鍵となります。

外部からの専門家の採用や協力体制の構築、同時に従業員に対しても育成が必要です。

技術スキルだけでなく、新しい物事に対しての柔軟性や問題解決能力の向上も重視します。

これにより、組織内でDXに関する知識が深まり、新たなアイデアや発想が生まれやすくなるでしょう。

従業員のスキルアップはモチベーション向上にも繋がり、チーム全体でのデジタル変革への参加意欲が高まります。

その結果、企業の競争力向上や効率化、イノベーションの推進が期待され、最終的には製造業のDXが成功しやすい環境が整います。

業務環境のオンライン化

続いて、業務環境のオンライン化を目指しましょう。

クラウドベースのシステム導入や、デジタルプラットフォームの活用をしていきます。

生産計画や在庫管理などのプロセスをオンライン化することで、リアルタイムのデータ共有と迅速な意思決定が可能です。

またオンライン化により、生産ライン全体の可視性が向上し生産効率が向上します。

業務プロセスのデジタル化はエラーの軽減やコストの削減にも直結し、最終的には製造業のDXを加速させる要素となるでしょう。

個々の会社にあったゴール設定

製造業DXを推進するためには、個々の会社に合ったゴール設定をしていきましょう。

企業のビジョンと戦略を明確にし、DXがどのようにこれらを支えるかを理解します。

ビジョンが決まったら、具体的な目標を定めます。

さらに目標を達成するための、戦略をねりましょう。

個々の会社にあったゴールを決めることで、組織全体が同じ目標にむかって一丸となって取り組むようになります。

会社としての全体最適を目指す

製造業DXを推進するためには、会社としての全体最適を目指す重要性があります。

各部門のデータを統合し、リアルタイムで共有することで、生産計画の最適化や在庫管理がしやすくなります。

無駄を減らし効率を最大化することで、企業全体のパフォーマンス向上にもつながるでしょう。

製造DX推進のために課題をクリアしていこう

製造業はDX推進をしていくことで、品質の向上や効率化、新製品の開発、自動化などさまざまな効果が期待できます。

一方、製造業は技術職ということもあり伝統などを重んじてDXの理解が得られなかったり、人材が足りなかったりと課題も多数あります。

DXを推進させていくためには、明確なビジョンを決め社内での理解促進に努めるとともに人材確保と育成をしていく必要があります。

製造DX推進の課題をより明確にし、ひとつずつ課題をクリアしていきましょう。

DX・デジタル化に関するご相談はこちらまで
DXは進めたいが何から始めていいかわからない・デジタル化は難しいと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次