これで業界リード!製造業における最新DXツールとその活用法

DXツールを製造業で導入すると、生産性の向上や品質向上、顧客満足度の向上が期待できます。

一方、製造業で活用しやすいDXツールは豊富にあり、どのツールを活用すれば良いのか分からない方もいるでしょう。

そこで本記事では、製造業で活用できるDXツールを解説します。

製造業DXにかかる費用やDXツールの選び方や成功ポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

これで業界リード!製造業における最新DXツールとその活用法
目次

製造業におけるDXツールの必要性

製造業におけるDXツールは、生産性向上や競争力の強化に不可欠です。

DXツールは、さまざまな用途のツールが提供されており、自社の課題に合った最適なツールを活用することで、業務の効率は各段にスピードアップします。

たとえば、プロセスの自動化やデータ分析を可能にしたり、オンライン会議や即時レスができるチャットなどで円滑なコミュニケーションを取ったりすることが可能です。

最適なDXツールを活用することで、効率的な生産計画が立てられるのはもちろん、在庫管理が最適化されます。

また製品品質向上や顧客満足度の向上も期待できるため、市場の変動に迅速に対応できるでしょう。

日本の企業は、DXが遅れていると言われています。

今後2025年までにDXが促進されなければ、日本にある企業全体で約12兆円の損害がでるという予測もあるため早急なDX化が必要です。

製造業がDXツールを活用していけば、業務の効率化が促進され事業者にとっても購入する顧客にとっても良い世界がまっているでしょう。

製造業のDXツールとその役割

製造業のDXツールとその役割

製造業で、活用できるDXツールは豊富に提供されています。

利用用途もさまざまなので、自社の課題にあったDXツールを活用することが大切です。

本章では、製造業で活用できるDXツールの役割を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ビジネスチャットツール

ビジネスチャットツールとは、リアルタイムでチャットが可能なツールのことです。

ビジネスチャットツールを活用すれば、コミュニケーションを促進し、効率化が促進されます。

機能としては、グループチャット、ファイル共有、ビデオ通話などがあり、プロジェクト管理や作業協力を効果的に支援します。

例えば、グループチャットなどを活用すれば、生産ラインでの問題を即座に報告し解決できたり、スケジュール変更を即座に共有できたりします。

さらに必要な書類なども、すぐに共有できるので、急ぎの案件であってもいつでも対応が可能です。

ラインワークスやチャットワーク、Slackなど、さまざまなビジネスチャットツールがあるため、最適なものを選ぶと良いでしょう。

オンライン会議ツール

オンライン会議ツールとは、自宅や出張先、海外などであっても場所を問わず会議ができるツールです。

機能としては、音声、画面共有、チャット機能、録画機能などがあり、会議を円滑に進められます。

リアルタイムのビデオ会議や画面共有機能を利用することで、異なる拠点やチーム同士が効率的に情報を共有できます。

そのほか、商談先などとも会議が可能なため、出張に行かなくてもすぐに会議できるといったメリットがあります。

オンライン会議ツールを活用することで、製品設計やプロジェクト管理において意思決定が加速され、迅速な問題解決が可能です。

オンラインストレージ

オンラインストレージとは、大量のデータやファイルをセキュアに保存・共有するためのツールのことです。

クラウドストレージと呼ばれる場合もあります。

製品設計や製造プロセスに関するデータをクラウド上で管理することで、複数の拠点やチームが容易にアクセスできます。

機能としては、ファイルのバージョン管理、アクセス権の設定、リアルタイムな共同作業があります。

アクセス権を設定できるため、プロジェクトの関係者のみアクセスさせることも可能です。

オンラインストレージにはそれぞれセキュリティ対策が備わっていますが、ツールによって内容も異なります。

特に無料ツールなどの場合は、注意が必要でしょう。

プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理ツールは、複雑な製品開発や生産プロセスを、統合・監視するためのツールです。

プロジェクトの進捗状況などグラフを用いてより分かりやすく可視化されているため、一目ですぐに状況が分かるといったメリットがあります。

そのほかタスク管理機能や予算管理、WIKI機能なども活用できるでしょう。

メリットとしては、プロジェクトの透明性向上、迅速な意思決定、品質向上が挙げられます。

生産管理システム

生産管理システムとは、生産計画や在庫管理はもちろんのこと、生産の進捗管理や作業内容の指示書など生産に関する情報を統合するシステムのことです。

リアルタイムな生産データ収集やモニタリングを通じて、生産ラインの状態を把握し、迅速な意思決定を可能にします。

また、生産管理システムに情報を共有しておけば、誰が見ても情報が分かるため属人化することなく生産管理が可能です。

在庫管理、生産計画、資材調達などの機能があり、ロット数や納期、工程の数などを把握しやすくなるでしょう。

生産管理システムを活用することで、生産設備の稼働率を最適化し、生産効率を向上させることができます。

その結果、コスト削減や競争力の向上につながるため、製造業にとって重要なツールとなるでしょう。

マーケティングツール

マーケティングツールとは、営業支援ツールとしても顧客管理システムとしても使用できるツールのことです。

市場リサーチなども簡単に行えるため、顧客の嗜好や需要を把握し、製品戦略の最適化に役立ちます。

分析をして営業や開発に役立てることで、競合他社との差別化や新規顧客の獲得が可能です。

また顧客管理機能を活用すれば、顧客との関係を強化し、リピート顧客を増やせます。

営業の管理がうまくできていなかったり、顧客の情報が管理できていなかったりする場合は、マーケティングツールを活用すると良いでしょう。

チャットボット

チャットボットは、顧客の問い合わせを24時間対応できるようになる、AI型問い合わせツールです。

有人での顧客対応には限界があり、なかなか24時間対応をできないのはもちろん、対応が遅れがちです。

その結果、新規の見込み顧客を損失する可能性もあるでしょう。

一方、チャットボットを活用すれば、リアルタイムに顧客対応が可能なため、顧客満足度を向上させられます。

さらには、自社サービスに興味を持ってくれる見込み顧客が増える可能性もあるでしょう。

チャットボットには自然言語処理機能を備えており、より分かりやすく回答することが可能です。

また対応内容によっては、有人対応と切り替えることもできるためより質の高い接客ができるようになるでしょう。

バックオフィスツール

バックオフィスツールとは、経営管理や事務作業などのバックオフィスに関わる業務内容をツール化したものです。

内容はさまざまで、会計ソフトウェアやERPシステムを含み、効果的な経理や資金管理が可能です。

例えば、請求書の自動生成や在庫管理などの機能を提供し、業務プロセスをスムーズにします。

一方、バックオフィスに関わるツールは、経営の中枢である情報を多く管理します。

そのため、セキュリティ対策がしっかり備わっているか、機密情報を保護できるかしっかり検討することが重要です。

ビッグデータ分析ツール

ビッグデータ分析ツールは、企業で蓄積された膨大なデータを分析できるツールのことです。

製造プロセスや製品品質のデータを分析し、生産効率の向上や欠陥の予防が可能です。

ビックデータを分析することで、もしも設備に不具合が生じたとしても早期発見が行え、ダウンタイムを削減します。

そのほかIoTやAIと接続すれば、技術者の技を自動化させることもできるでしょう。

このように企業で蓄積された大切なデータを分析し活用することで、在庫管理や生産計画の最適化が期待できます。

製造現場や業務フローに合ったDXツールを選ぶ方法

製造業で適切なDXツールを選ぶためには、まず現場のニーズを把握しましょう。

生産ラインや業務プロセスにどのような課題があるかを洗い出し、自動化や効率化が必要な現場を特定します。

次に従業員の声を収集し、従業員が使いやすいツールを選択します。

ツールを選ぶ際には、実績や導入事例、ベンダーサポートも考慮しましょう。

柔軟性や拡張性も重要で、将来の変化に対応できるかを確認します。

最後に、コスト対効果を考慮し、ROI(投資収益率)を評価してベストな選択を行います。

このように課題の洗い出しをした後、従業員の悩みに合わせたツールを選択することで従業員にとっても使いやすいツールを選択できるでしょう。

製造業DXにかかる費用

製造業DXにかかる費用

製造業DXにかかる費用として、以下の3つが挙げられます。

  • 導入費
  • 人材育成費
  • 維持・保守費

そのほか製造業DXに関わる補助金についても解説していきますので、DXツールの導入を検討されている方は参考にしてください。

導入費

DXを導入する際、さまざまな導入費用が発生します。

具体的な導入費用は、利用用途やスケール、選択したツールにより異なります。

インフラ設備はもちろんのこと、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスなども不足していれば用意しなくてはなりません。

オンプレミスのようなシステムやパッケージシステムを導入する場合は、より高額になる可能性があるため、よく検討する必要があります。

小規模なツールの導入であっても数十万円、大規模な導入では数百万円以上かかることがあります。

上記の中には、ベンダーのコンサルティングサービスやシステム統合の費用も含まれており、十分な予算の確保が重要です。

ROIを考慮して慎重に計画し、長期的な効果を見据えた投資が求められます。

一方従量課金プランのようなクラウドサービスの場合は、最初に一括で発生する費用は抑えられるでしょう。

人材育成費

人材育成費用は、新しいツールやシステムの導入に伴い、従業員が必要なスキルや知識を身につけるために発生します。

人材育成費用は企業の規模や従業員数、DXの規模によって異なりますが、研修で数万から数十万が一般的です。

従業員のスキル向上に投資することで、新しいテクノロジーを活用し効果的に業務を進化させることが期待されます。

維持・保守費

DXにおける維持・保守費用は、導入したテクノロジーやシステムの運用継続を確保するために発生します。

維持費用・保守費用として、ソフトウェアやハードウェアのアップデート、セキュリティ対策、トラブルシューティング、定期的なメンテナンスが含まれます。

具体的な費用はシステムの規模や複雑さに依存しますが、年間で数十万円から数百万円規模が一般的です。

ベンダーサポート契約や内部の専門スタッフの給与も考慮に入れる必要があります。

適切な維持・保守を行うことで、システムの安定性やセキュリティが確保され、持続的なDXの成果を実現するため、しっかりと予算に組み込んでおくことが大切です。

補助金の活用も可能

製造業DXを導入する際、多くの費用が発生しますが国や自治体で補助金も提供されています。

できるだけ補助金を有効活用するようにしましょう。

例えば、以下のような補助金がDXを導入する際に活用できます。

  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
  • サイバーセキュリティ対策促進助成金
  • キャリアアップ助成金など

補助金の詳細や応募条件は各機関や自治体により異なるため、積極的に情報収集し、適切な補助金を活用することが重要です。

DX成功のポイント

DX成功のポイント

DXを成功させるためには、ポイントがあります。

以下のポイントを押さえて、実践していきましょう。

  • 経営陣がDX人材になる
  • 身近なところから小さく始める

順番に解説します。

経営陣がDX人材になる

DXを成功させるためには、経営陣がDX人材になりましょう。

従業員より先に経営陣がDX人材になることで、プロセスの推進が成功しやすくなります。

経営陣の積極的な関与により、組織全体の方針や戦略との連携が強化されるのはもちろん、DXに向けた社風に変わってきます。

経営者がDX人材として主導することで、組織文化の変革や新しい技術の導入に対する抵抗が軽減され、チーム全体が変革を受け入れやすくなるでしょう。

また迅速な意思決定や問題解決を促進し、経営層のビジョンが従業員に共有されることで、目標達成が効果的に進むメリットがあります。

会社に変革をもたらすには、まず経営陣が変わる努力をしなければなりません。

より円滑に推進していくためにも、DX人材になりましょう。

身近なところから小さく始める

身近なところから小さく始めることで、DXの成功がしやすくなります。

小規模なツールの導入はリスクが低く、変化への抵抗が少ないため迅速に実装できるからです。

小さなことであっても成功すれば、組織内の信頼や意欲が向上しやすいため大きなメリットがあります。

また、小さなプロジェクトから学びを得ながらスケールを拡大することで、課題への対処が容易になり、長期的なDX戦略の構築がスムーズに進みます。

まずは、チャットツールから活用してみたり、日報をデジタル化してみたりすると良いでしょう。

業界をリードするためにDXツールを使いこなそう

DXツールを活用すると、現場での課題を解決できるのはもちろん、生産の効率化や見込み顧客の増加、品質の向上などが期待できます。

用途が異なるツールが提供されていますので、課題に合わせた最適なツールを選択することが大切です。

製造業DXを導入するためには導入費だけでなく人材育成費や維持・保守費なども必要です。

しっかりと予算を確保して適切なDXツールを使いこなし、業界をリードしていきましょう。

DX・デジタル化に関するご相談はこちらまで
DXは進めたいが何から始めていいかわからない・デジタル化は難しいと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次