製造業DXとは|課題と推進成功のための解決策をわかりやすく解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を活用してビジネスを変革しようと言う考え方です。

製造業においては、DX化が盛んに推奨されています。

確かにDXは人手不足や、生産性の向上など製造業に山積する課題を解決する手段として大いに期待できます。

とはいえ「DXをどのように推進すればいいのか?」と困惑している経営者の方が多いのも事実です。

DXに取り組みたいと考えていても、設備や人材の不足などが障壁となっているケースが散見されます。

そこで今回は、DXの課題と推進成功のための解決策を詳しく解説します。

製造業において具体的なDX推進策を知りたい方の参考になれば幸いです。

製造業DXとは|課題と推進成功のための解決策をわかりやすく解説
目次

DXと製造業の関わりと重要性

DXは、さまざまな分野で注目されています。

特に製造業では、DXを活用した生産プロセスや業務の改善が求められているのです。

具体的には、以下の技術導入が期待できます。

  • 自動化・ロボット技術
  • データ分析・リアルタイムモニタリング
  • IoT
  • クラウド婚ビューティング
  • AI

製造業に自動化やデータ分析を導入すれば、生産効率が向上しコスト削減が可能です。

製造業における人手不足や、生産性向上、コスト削減などの課題を解決する手段の1つとして、DXに期待が寄せられています。

経済産業省、厚生労働省、文部科学省が共同で取りまとめた『2023年度版ものづくり白書』のデータをご覧ください。

出典:2023年度版ものづくり白書30ページ 「ものづくりの工程・活動におけるデジタル技術の活用状況の推移」図1
https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2023/pdf/gaiyo.pdf

デジタル技術の活用は、年々増えているものの令和3年では67.2%に留まる結果となっています。

製造業におけるDXの重要性、有効性を広く認識する必要があると言えます。

製造業におけるDXのメリット

製造業におけるDXのメリット

製造業におけるDXのメリットとはどのようなものでしょうか。

まずはメリットを知っておかなければ、DX推進は困難です。

この章では、DXのメリットを以下の5つの観点から解説します。

  • 生産性の向上
  • 情報の可視化
  • 顧客満足度の向上
  • 人手不足解消と脱属人化
  • 競争優位性の獲得

製造業にとって必要不可欠な要素ばかりですから、ぜひメリットを一つずつご覧ください。

生産性の向上

製造業では、DX導入によって生産性の向上が期待できます。

DXは技術やテクノロジーによって生産工程を自動化できます。

組み立て、梱包など今まで手作業で行っていた作業を機械に任せられれば、より早く正確に行なえるのです。

DXによって生産ラインが滞りなく稼働すれば、同じ時間でより多くの製品が生産可能になります。

例えば、今まで一日かかっていた組み立て作業が、ロボットなら数時間で終わらせられるでしょう。

より多くの製品を短時間で生産し、人間はより難しい作業に集中できるのです。

つまり、DXを活用することで生産性向上が期待できるのです。

情報の可視化

DXによる情報の可視化とは、データや情報を視覚的な形に変換することを指します。

製造業でDXを導入すれば、製造工程で生じる大量のデータを一目で理解できるように表示できるでしょう。

可視化された情報は、経営者や担当者が迅速な意思決定を行うのに役立ちます。

また、DXによる可視化はリアルタイムで生産をモニタリングも可能にします。

常に生産の状況を把握していれば、仮に問題が発生してもすぐに対応できるでしょう。

DXがもたらす情報の可視化は、膨大なデータを理解しやすくし、担当者の意思決定や、問題解決の手がかりとなります。

顧客満足度の向上

DXがもたらす生産性向上や品質向上は、結果として顧客の満足につながります。

顧客が故障や不良品のないより高品質な製品を、より迅速に受け取れば満足度や信頼性が向上するでしょう。

また、DXを活用すれば製品の状態や配送状況などの情報をリアルタイムで顧客に提供できます。

顧客は製造の進捗状況を把握しやすくなり、より信頼感がうまれます。

DXのデータ分析を活用して、製品やサービスの効果をモニタリングし、顧客のフィードバックを取り入れるのもいいでしょう。

顧客の声が反映されれば、製品やサービスが良くなり顧客満足度の向上に寄与します。

DXによって製品の価値が向上すれば顧客との関係も強化され、企業にとってメリットが大きいといえます。

人手不足解消と脱属人化

DX導入は、製造業の課題である人手不足を解決する手段の一つです。

DXでは、生産プロセスや作業を自動化したりロボットに任せたりできます。

これにより、単純な作業や危険な作業を機械が担当し、従業員は専門的な仕事やより創造的な仕事に集中できるようになります。

つまり、特定の担当者に業務が集中してしまう「属人化」、慢性的な人手不足などの課題解決が期待できます。

DXを活用すれば、遠隔から機械や設備を監視・制御することが可能です。

特定の場所にいなくても、生産プロセスを管理できるので人手不足解消の一助となるでしょう。

DXが従業員の働き方を改善し、一部の単純な作業を自動化することで、人手不足解消と脱属人化を実現しています。

競争優位性の獲得

DXが企業にもたらすメリットは、生産性向上や顧客満足度の向上で毛ではありません。

DXのデータ分析を活用して市場の変化やニーズの急変を予測したり、柔軟な生産計画を立てたりできます。

製品の需要が急増した場合でも、スムーズに生産を拡大できるので競合他社よりも優位性を獲得できるでしょう。

また、DXは新商品の開発プロセスも効率化します。

顧客の声を反映したり、開発チームのコミュニケーションを促進したりといった活動にDXが活用できるでしょう。

ライバルよりも早く新商品を発売できるため、競争上の優位性を確立します。

DXは製造業において競争優位性を築く重要な要素となり、企業が成功するための強力なツールとなりえます。

製造業におけるDX推進に向けた課題

製造業におけるDX推進に向けた課題

製造業におけるDXには、主に5つのメリットがあると解説しました。

反面、DX推進には障壁があるのも事実です

先述の『2023年度版ものづくり白書』のデータをご覧ください。

出典:2023年度版ものづくり白書30ページ 「ものづくりの工程・活動におけるデジタル技術の活用状況の推移」図1
https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2023/pdf/gaiyo.pdf

デジタル技術を活用しない理由として、最も多いのが「ノウハウ不足」です。

このデータからDX推進における課題の一端が見えてきますね。

この章では、DX推進に向けた5つの課題についてお伝えします。

自社で抱えている課題と照らし合わせて、明確化し課題解決の参考にしていただければ幸いです。

外的環境の急速な変化への対応

製造業におけるDX推進は、外的環境の急激な変化への対応が必要不可欠です。

なぜなら、製造業は世界情勢の影響を受けやすいからです。

エネルギーや原材料の高騰、少子高齢化による労働力不足など、製造業を取り巻く外的環境は厳しさを増しています。

外的環境に対して、迅速に対応する適応力が求められています。

絶えず変化する環境に対応するには、イノベーションと改善の文化を醸成することから始めましょう。

経済環境の変化と製造業の位置付け

DX推進にはさまざまな課題が存在します。

これらの課題は、経済環境の変化や製造業の位置付けに影響されていると言えます。

近年、消費者の要求が変化しており、カスタマイズされた製品やサービスの需要がますます高まっています。

低コストで高品質な製品がより求められ、コストと価格のバランスを保つのが難しくなりつつあります。

従来の大量生産モデルから、柔軟かつ迅速な生産への転換が求められているのです。

製造業の位置付けとして、以前よりも環境保護について注目が集まっています。

環境への影響を最小化するための取り組みが求められているのです。

DXを推進すれば、柔軟性、効率性、競争力の向上を実現可能になります。

経済環境や製造業の立ち位置の変化にも対応できるでしょう。

人手不足と属人化の悪循環

DX推進には、人手不足と属人化の悪循環が一つの大きな課題となっています。

製造業においては、技術的なスキルを持つ従業員の需要が高まっていますが、スキルを持つ人材が不足しています。

企業は、人材確保が難しい状況に直面しています。

さらに困ったことに、スキルを持つ従業員が重要な業務を担当するなかで、特定の個人や少数の従業員に依存する傾向が生まれてしまいます。

これが、人手不足と属人化の悪循環です。

属人化が進むと、従業員の退職や異動などで、個人が持つ知識やスキルが失われるリスクが高まります。

また、属人化の弊害として既存の業務システムに固執してしまい、新しいアイディアやイノベーションが困難になる点も見逃せません。

結果として、業務の停滞や品質低下が生じるリスクが高まってしまうのです。

人手不足と属人化の悪循環を打破するには、DX推進が有効です。

DXを活用して作業の自動化を進めれば、人手不足に対処し人材をより戦略的に配置できるようになります。

データの活用とIT投資の最適化

DX推進には、データの活用とIT投資の最適化が重要な課題となります。

製造業では、さまざまな部門やプロセスにおいてデータが分散している場合が散見されます。

データを統合し、総合的な視点で活用できるかが課題となっています。

不正確なデータや質の低いデータを利用していては、意思決定や予測に信頼がもてません。

データに関しても品質管理が求められます。

データを分析し活用するためのスキルが不足している場合は、データサイエンティストやアナリストの確保が必要になるでしょう。

製造業ではさまざまな生産工程があり、最適なテクノロジーの選定が困難な場合があります。

選定ミスがコスト増大や効率低下につながってしまいますので、DXを導入する際は慎重に検討する必要があるでしょう。

過剰なIT投資がリターンを生まない場合も、考慮しておいてください。

効果的な投資計画とリターン評価の仕組みが必要です。

DXを推進するための人材採用・育成

お伝えしたように製造業におけるDXの推進には、いくつかの課題があります。

これらの課題を克服し、日本の製造業が持続的に発展していくためには、適切な人材の採用と育成が必須です。

従来の製造業では物理的労働が主体でしたが、今やデジタルスキルが求められるように変化し、従業員のスキルアップが不可欠な要素になりました。

したがって、十分なスキルを持っている人材を確保するのが難しい状況になりつつあります。

先述の調査結果をご覧になってわかるように「ノウハウ不足」「人材不足」がDX推進の大きな課題になっています。

企業側から従業員に対して、新しいデジタルスキルを習得するためのトレーニングや教育プログラムを提供し、スキルの多様化を進めましょう。

DX推進には、デジタル人材の採用と育成が欠かせません。

製造業におけるDXを成功させるポイント

製造業におけるDXを成功させるポイント

製造業においてDXを推進する課題が見えてきたところで、DXを成功させるポイントを7つお伝えします。

  • 経営主導でDXを推進する
  • ダイナミックケイパビリティを意識する
  • データ活用能力を強化する
  • 現場を理解し、実現イメージを全社で共有
  • 人材の確保とデータ収集
  • 業務の効率化
  • 顧客ニーズを加味したビジネスモデルの変革

DXを導入する際は費用や時間と労力を投資しなければなりません

ポイントを押さえて、DX化を成功させましょう。

経営主導でDXを推進する

DXの成功は、経営者の積極的なリーダーシップに影響されます。

経営者がDX推進を目標として掲げ、リソースを投入し、変革をリードすることで全社的な取り組みが促進されるでしょう。

経営者の主導がなければ、組織を挙げてDX推進するのは不可能といえます。

経営者の方は、柔軟性、イノベーション、変化への適応力を重視する企業文化を醸成するのが重要です。

経営者主導のDXは組織に変革を促し、将来にわたって持続的な競争力を築くための礎となるでしょう。

ダイナミックケイパビリティを意識する

ダイナミックケイパビリティとは。変化する環境に適応し、柔軟かつ迅速に対応する能力を指します。

製造業において、市場や技術の変化に適応できるダイナミックケイパビリティの概念を意識する必要があります。

DXはイノベーションと変革を通じて成り立つため、ダイナミックケイパビリティが不可欠です。

変化の激しい製造業界において、ダイナミックケイパビリティの概念は競争優位性を維持しDXを成功に導くためのポイントとなります。

データ活用能力を強化する

DXは、データに基づいた意思決定を重視します。

企業はデータの収集、分析、活用に関する能力を向上させる必要があります。

データを全社的に活用するためには、データ駆動型の組織文化を構築してください。

すべての従業員がデータにアクセスし、その価値を理解する文化を育成します。

異なる部門やシステムからのデータを統合し、強力な分析プラットフォームを活用しましょう。

データ活用能力を強化することで、DXの成功に寄与します。

現場を理解し、実現イメージを全社で共有

DXの成功には現場の理解が必要です。

現場の従業員と密接に連携し、生産工程や課題について深い理解を得るのが第一歩です。

DX推進では、現場からのフィードバックを収集し、現状の課題や改善すべき点を正確に把握しましょう。

経営陣は現場の声をしっかりと受け止め、DX実現イメージを全社で共有してください。

DX導入時は、現場の従業員に対して必要なスキルや知識を提供するトレーニングプログラムを実施しましょう。

トレーニングを通じてDXに対する理解を深め、スムーズな移行を可能にするでしょう。

従業員が変革の目的や効果を理解し、参加意欲を高めるためにも明確なビジョンの共有が不可欠です。

人材の確保とデータ収集

DX成功には、専門的なスキルが必要です。

DXに関する技術や知識を持った人材を確保するために、従業員へのトレーニングプログラムの実施は不可欠です。

また、DXプロジェクトに特定の専門知識が必要な場合、外部から専門家を採用するか、パートナーシップを結んで必要なスキルを確保してください。

具体的にはデータサイエンティスト、AIエキスパート、セキュリティ専門家などが必要になる場合があります。

データ収集を効率的に行なうためには、先ずデータ戦略を構築しましょう。

どのようにデータを収集し、どのように活用するかを明確に定義して下さい。

データ収集は、ビジネス目標と直結している必要があります。

データ収集の目的は、ビジネス戦略や意思決定をサポートするものと認識してください。

業務の効率化

DXの目的の一つは、業務プロセスの効率化です。

現行の業務プロセスを見直し、自動化や効率向上を図るテクノロジーを導入し、生産性を向上させてください。

リアルタイムデータの可視化、ロボットの導入、従業員のスキル向上などが業務効率化に寄与します。

顧客ニーズを加味したビジネスモデルの変革

DXは単なる技術の導入だけでなく、ビジネスモデルの変革も求められます。

顧客の期待やニーズを理解し、ニーズに基づいた新たなビジネスモデルを構築することで、市場での競争優位性を確立できるのです。

従来の枠組みを超えた新しい付加価値の提供が求められています。

DX推進の鍵は課題の理解と適切な対策

今回は、製造業でDXを推進する際の課題と解決策をお伝えしました。

DX推進の課題は、製造業のなかでもそれぞれの企業によってさまざまです。

今回は基本的な考え方や、ポイントをお伝えしましたので自社の抱える課題に照らし合わせて参考にしていただければ幸いです。

製造業において、DXは多くのメリットをもたらします。

もはやDX化なくして、製造業の将来的な発展は見込めないと言えるでしょう。

とはいえ、デジタル技術を活用していない企業が多数あるのも事実です。

それぞれの企業で、DX推進の障壁を明確にして適切に対応していく必要があります

まずは、課題を明確にするところから始めましょう。

DX・デジタル化に関するご相談はこちらまで
DXは進めたいが何から始めていいかわからない・デジタル化は難しいと諦めていませんか?現場に課題感をお持ちの方に向け、組織の改題に応じた改善提案をいたします。お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次